アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > アライグマは意外に獰猛です

最新情報・レポート

アライグマは意外に獰猛です

先日のテレビ特集番組でも報道していましたが、日本に棲息する危険生物の一つに「アライグマ」がランキングされていました。アライグマというと昔のアニメ「ラスカル」をイメージしたり、可愛らしいキャラクターとしても目にすることが多いため、犬や猫のように安全な動物につい思いがちですが、実は人間に害を与える「害獣」の一つとしても有名なのです。アライグマは元々日本には棲息していない動物でした。しかしペットとして輸入されたものが放たれて野生化し、今では全国に棲息するまでに繁殖しています。アライグマの怖いところは、見た目とは裏腹に意外と獰猛であることです。鋭い爪と牙を持っているので、襲われた場合は大変な怪我になります。またアライグマは雑食であるので、山の果物や昆虫だけでなく、人の住む住宅地まで下りてきて、畑の農作物をはじめ飼っているニワトリや鯉なども食べてしまうのが厄介なところです。学習能力が高く、手先も器用なので、罠を潜りぬけたり、木登りが得意なので比較的安全な家の屋根裏に住むこともあるようです。何もしなければ可愛らしい動物かもしれませんが、人間に被害を及ぼすようでは放ってはおけません。アライグマの被害を受けたらまずは専門業者に連絡をしましょう。アライグマは鳥獣保護法によって勝手に駆除することは禁止されていますので、専門業者に依頼するのがベストです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較