最新情報・レポート

アライグマの被害について

アライグマは、元々北アメリカに原産の動物で、日本には元来生息していない外来種の動物です。 日本に日あってきたのは1970年代といわれていますが、丁度放映されていたアニメの影響で、多く のアライグマがペットとして飼われていたようです。 その後、気性の荒いアライグマの面倒を見れなくなった飼い主が捨てたことで野生化。現在は東北 地方を除く各地でまとまった集団が確認されるほどになっています。 外来種は、その土地に元々住んでいる動物の生態系を乱すだけでなく、旺盛な食欲と繁殖力で農作 物や、時には人家に侵入して甚大な被害を出すことから、現在問題となっており、駆除を行う事例 が増えております。 駆除には捕獲用の金網ケージなどが使用されますが、比較的手先の器用な動物ですので、駆除には 専門の知識が必要になります。 また、獰猛な正確なので、うかつに手を出すと被害を受ける恐れもあり、もしアライグマの被害が 認められた場合には、専門の駆除業者に相談されることをお勧め致します。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼