アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > アライグマの天敵

最新情報・レポート

アライグマの天敵

日本で数を増やし農作物や住居に被害を与えているアライグマですが、数が増える原因には、天敵となる動物が少ないことも関係しているようです。
アライグマが本来生息していた土地だと、猛禽類やオオカミ・ピューマなどに狩られてしまうこともあるようですが、日本にはそういった動物がいません。
そのため、アライグマの生存を脅かす存在はいないと言われています。あえて言うなら人間により駆除されるくらいです。しかし駆除の方法が指定されていることもありますので、数を大幅に減らすような影響は与えないでしょう。

しかし、アライグマの天敵である猛獣のにおいや鳴き声を使った対策は今でも有効とされています。例えばオオカミの鳴き声を使って驚かせたり、尿のにおいをつけておくことで、そこに近づけなくする効果を期待することができます。
このような対策は、素人でも道具さえあれば行うことができますが、行動範囲などをあらかじめ調べておかなければ、せっかくの対策も無駄になってしまうかもしれません。

より効果の高い対策を考えているのであれば、やはり害獣駆除のプロの意見を聞くことが重要となるでしょう。特にすでにアライグマの目撃情報などがある場合、近隣の状況を観察している恐れもありますので、早めに対策を取っておきたいものです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら