アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > アライグマによる経済被害

最新情報・レポート

アライグマによる経済被害

日本生態学会によって、侵略的外来種ワースト100のひとつに認定されている
アライグマは、私たちの経済へ大きな被害を与えてきます。
具体的には、トウモロコシやスイカなどの農作物が食べられたり、乳牛の乳首が
噛みちぎられたりする被害が発生しており、スイカには前足が入る程度の穴が開け
られていたり、トウモロコシは綺麗に皮が剥がされていたりと、食害の痕は特徴的です。
こうしたアライグマによる農業被害総額は、2009年の時点で約2億8000万円にものぼり、
数年の間でほぼ倍増しています。
もしお近くでアライグマを見かけたり、タヌキのような動物に被害を受けられている方は、
お早めに専門業者へご相談し、徹底的な対策を取られることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿がたまった場所に関しては、清掃と消毒を行わせていただきます。天井板の張替え等も行うことが可能なので、どの範囲まで対応をするかお見積り時にスタッフが説明をさせていただきます。その際何かご要望があればお気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本的には、再び侵入をさせないために、侵入経路口を塞ぐのですが、それでも対応が出来なかった場合の対応などを、現地スタッフへご確認ください。また別の経路を作っているなど現状が変わっている可能性もあるので、現地スタッフが改めて対応させていただく場合もございます。お客様自身での対応は危険ですので、何かトラブルが合った際は、お気軽にご相談ください。

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は害獣にとって居心地が良い場所だということですので、まず侵入されないようにする事が大切です。餌となる食べ物を放置したり、家の床下や屋根裏に隙間がある時には埋めてしまう必要があります。

回答の詳細はこちら