最新情報・レポート

アライグマによる害

アライグマはタヌキに似ている動物で、北米産の外来生物なのですが、アライグマブームによって日本国内へ多く輸入されてきた歴史があります。しかし見た目とは違って凶暴な性格をした動物なので、身勝手な飼い主によって自然の中へ放された個体が野生化して全国各地で確認されるようになってしまいました。そんなアライグマが人里に現れた場合、エサを求めて徘徊し、それによって皆さんのお家で被害を出すこともあるのです。例えばお庭でみかんなどの果物を育てていると、アライグマが食べていってしまうことがあります。また寝床を欲するアライグマが屋根裏へと入りこみ、そこを生活拠点としてしまうことも多く報告されています。屋根裏でアライグマは糞をしたり、騒音を出したりと皆さんに迷惑をかけてしまいます。アライグマは雑食動物で農産物だけでなく野生動物を食べるほか、オオカミのような天敵がいないために数をどんどん増やす危険な存在なのです。また人を恐れることがないので、近寄ると攻撃される恐れもあり、皆さんの想像以上に厄介な害獣となっています。もしも皆さんのお家にアライグマが現れたというならば、被害を拡大させないためにも、早めに害獣駆除を依頼するようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼