アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 最新情報・レポート > アライグマとタヌキの違い

最新情報・レポート

アライグマとタヌキの違い

害獣の中でも代表的な動物として、アライグマが挙げられます。アライグマは特定外来生物に指定されており、糞尿による衛生面の被害や、農作物や家畜が襲われるといった被害をもたらします。そのようなアライグマと良く似た動物として、タヌキが挙げられます。良く似た二匹ですが、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、見た目の違いについてです。最もわかりやすい違いは、その尻尾です。アライグマの尻尾は長く、縞模様が付いています。それに対し、タヌキの尻尾は短く模様はありません。顔にも特徴があり、アライグマは眉間に黒い筋が走っていますが、タヌキにはそれがありません。少々確認しにくいですが、足にも大きな違いがあります。アライグマの足は人間の手足のような形をしていますが、タヌキは犬のような足になっています。
次に、正確の違いです。アライグマは気性が荒く、前述のように家畜を襲うことさえあります。また、捕獲されたり襲われたりしますと非常に気性が荒くなります。それに対しタヌキは臆病で、アライグマのように人間や家畜に被害を及ぼすことは滅多にありません。どちらも害獣扱いされることがありますが、危険性ではアライグマのほうが高いでしょう。アライグマは直接人を襲うこともあれば、アライグマ特有の寄生虫を媒介する事もあるのです。その駆除は非常に危険ですし、駆除のための手続きも面倒ですので、その駆除は害獣駆除業者に依頼するのが一番でしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
0120-949-085
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
他社との比較