最新情報・レポート

アライグマが現れる場所

アライグマは可愛らしい外見をしているため、発見しても恐怖を感じる方々は少ないかもしれません。しかし、体内に数多くの雑菌を保有していたり、糞害の被害を及ぼしたりすることもあるので、注意が必要です。そもそもアライグマは、外来種として日本に輸入され、その後繁殖したと言われています。野生にいるアライグマは森や林など、自然の多い場所では見かける機会も珍しくないことでしょう。そのため、アライグマが出没する可能性の高い地域では予防対策などが重要になります。特にご自宅の玄関やその周辺にペットを飼われている方は注意が必要です。時折、アライグマはペットのエサを求めてやってくることがあります。例えば犬や猫にエサを与えていた場合、その匂いに釣られてひょっこりアライグマが現れ、自分もそのエサを食べようとします。また、アライグマは害獣の中でも珍しく、二足歩行ができる動物です。そのため、両手でエサをすくい、そのまま二本足で立ち去ることもできます。一見すると面白い光景にも思えますが、万が一ペットに雑菌を移されてしまったり、頻繁に現れるようになったりしてしまえば事態は深刻な問題に発展してしまう可能性もあります。アライグマを見かけた際は、早めに害獣駆除の依頼をするようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼