最新情報・レポート

どれがアライグマ??

愛くるしい姿とは裏腹にとても凶暴なアライグマ、日本で古来から童謡などでも登場するタヌキ、 家にいると幸運が訪れると言われるハクビシン、少数派ではありますがアナグマなど、 ぱっと姿を見ただけではどんな動物なのかが分からないといったご相談が多く寄せられています。 それぞれの動物には特徴があり、それによって対処法も変わってきます。 アライグマの特徴は、尖った耳と縞模様のしっぽです。 またとても手先が器用でその足あとはまるで人間の手にそっくりで、また後ろ足だけで立つことも出来るなど、運動能力が高いことも知られています。 顔に太くて黒い模様が入っていることもあります。 タヌキはアライグマとよく間違われますが、比べてしっぽに縞模様は無く、イヌ科の動物なので、足あとは犬のような足あとをしています。性格はアライグマに比べてずっと穏やかで、争いを嫌います。 ハクビシンもタヌキやアライグマに間違われます。まれにフェレットと間違われます。 一瞬見ただけだと「よく似ているけど、何かが違う。」といった印象を受けやすいようです。 ハクビシンは細長いしっぽをしています。 アライグマやタヌキの方が豊かな毛をしているのです。 鼻がピンク色なのも特徴の一つです。 アナグマはあまりみかけることも少ない動物ですが、たまにハクビシンと間違われます。 アナグマは目の周りだけが黒い動物で、胴体は明るめの茶色をしています。クリーム色に近いものもあります。 このようにそれぞれの特徴を知っておくと、対策が取りやすくなることもあります。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼