盛岡市対応の弊社加盟店のご紹介

てって
岩手県盛岡市で害獣駆除をする際に力になってくれるのが「てって」です。一見可愛く見えるイタチやアライグマですが、これらは生活に危険をもたらす害獣としても認識されています。元々農家やお寺で繁殖を繰り返していたのですが、最近では一般住宅にも住み着くようになってしまいました。被害としては、畑などの食物を食い荒らしたり、家庭の屋根裏に住み着き繁殖をするのですが、こういった害獣は一度住処を決めると中々動きません。すると屋根裏の糞や尿も凄まじい量になり、悪臭を放ち始め、それとともに菌も飛び交います。何といっても野生生物なので、どんな菌を持っているかもわかりませんし、感染症を保持している可能性もあります。また被害がまだ最小限の段階でも自らの手で駆除をすることはお勧めできません。こうした害獣はとても凶暴なので、引っ掻いたり噛みついたりすることもありますし、傷口から得たいの知れない菌が入ってしまう可能性もあります。害獣がいると思ったら、早めの対処をしてくれる業者さんが心強い味方となります。
なんでもお助け隊
害獣駆除でお困りの際に頼れるのが岩手県盛岡市のなんでもお助け隊です。なんでもお助け隊では、様々な種類のネズミの駆除を行っています。日本には10属27種のネズミが生息していますが、その中でもドブネズミ・クマネズミ・ハッカネズミの3種が一般の家ネズミと言われ、ビルや家屋、その周辺に住み着き、様々な被害をもたらします。ネズミは硬いものをかじる習性があるため、食べ物だけでなく建材や家具、電気や電話の配線などもかじり、電気設備を故障させたり火災を起こす場合があります。ネズミの糞や尿は屋内の製品なども汚染します。また、ネズミやネズミの巣には吸血性のダニが寄生・繁殖しています。大発生したダニが巣から離れて室内に侵入し、ダニに吸血されるといった二次被害ももたらします。その他にも、病原体・寄生虫を媒介し、食中毒の原因にもなります。なんでもお助け隊ではネズミの駆除をはじめ様々な害獣駆除対策をしているので、とても頼りになる存在です。
協栄産業株式会社
協栄産業株式会社は岩手県盛岡市にて害獣駆除に対応している会社です。岩手県のような田舎では、最近アライグマによる被害が増えています。アライグマと言うと可愛らしいイメージがありますが、実はとても凶暴で、人間の生活を脅かす危険な動物なのです。アライグマには天敵がいないため、被害が拡大しています。まずは農作物の被害です。アライグマはトウモロコシやスイカなど様々な野菜・果物を食べるため、一度農園に侵入されると農作物を食べ尽くして被害を与えます。また、アライグマは雑食なので肉も好んで食べます。そのため鳥の卵を食べたり、他の野生生物を襲って食べるなど生態系の破壊の原因にもなっています。最近では都市部へ進出したアライグマが問題視されています。エサを求めて人家に侵入したり、ペットを襲うなどの被害が起きています。このようにアライグマはとても凶暴で問題のある生物のため、被害を発見した場合に放置しておくのは危険です。アライグマなどの害獣でお困りの際、協栄産業株式会社はとても頼りになる存在です。
盛岡市の害獣駆除サービス

注意!盛岡市の潜む害獣の数。その対策とは?

岩手県の県庁所在地・盛岡市は、郊外を中心として緑豊かな自然に囲まれています。四季折々の自然は市民の心に潤いを与えてくれるものですが、自然豊かな環境にはどうしても野生動物が付きものです。動物たちが山野の範囲にとどまっているうちはまだしも、人間の生活空間にまで出没するようになればいろいろと問題も出てきます。盛岡市に出没する野生動物の中でも、最も大きな脅威となる存在は何といってもツキノワグマです。農業被害ばかりでなく、人が襲われる場合もありますので危険な動物です。東北地方は全般にツキノワグマが多く生息しており、他県でもクマ対策が大きな問題となっています。農作物に被害を与える動物には他にシカやイノシシがいます。県内にはニホンジカやニホンカモシカが生息しており、特にニホンジカは東北地方でも岩手県での生息数が突出して多くなっています。イノシシは宮城県が生息域の北限と言われていましたが、近年では岩手県でも目撃されるようになっています。盛岡市の市街地にそれらの大型動物が出没する例はそれほど多くありません。県全体で1年間に捕獲された害鳥数が16798件もあるのに比べ、獣類の捕獲数は2327件にとどまります。他県と比べると、岩手県を含む北東北の害獣捕獲数は全国の都道府県でも少なくなっているのです。その理由の1つとして、イタチやハクビシンなど小型動物の捕獲例が、岩手県ではそれほど多くないという点が挙げられます。盛岡市では、害獣駆除に関して市に寄せられる質問や相談の多くはクマやシカを挙げています。住宅被害よりも農業被害が大半を占めているのです。しかしながらハクビシンという動物は、近年急速に生息域を拡大しています。イタチと同様に住宅の天井裏などに侵入して騒音や悪臭などの被害を及ぼすため、非常に厄介な動物なのです。退治をしようにも鳥獣保護法の対象動物なので、駆除するには専門の業者に依頼しなければなりません。ハクビシンの生息域は宮城県まで拡大しており、いずれ盛岡市にも及ぶことが予想されます。イタチにしてもハクビシンにしても、まずは許可を得ている業者に調査を依頼してから、捕獲器や忌避剤を使った防除を実施してもらう必要があります。「害獣駆除110番」加盟店では、駆除の他に清掃などのサービスも実施しています。

盛岡市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年8月17日
    エリア
    岩手県盛岡市
    参考金額
    35,000円

    害獣について、お客様からご相談のお電話がありました。状況としては、何かが走り回り、鳴き声もするというものでした。害獣の種類は、不明とお伝えがありました。発生している場所は、戸建住宅の屋根裏というお話もいただきました。見積りの希望日は、指定日の午前中で承りました。

  • 受付日
    2016年1月11日
    エリア
    岩手県盛岡市
    参考金額
    35,000円

    天井裏から動物の仕業だと思われる異音が発生しているとのことで、ご相談が寄せられました。天井裏から動物の足音やカリカリ音が発生しており、害獣の種類はわからないが、ねずみより大きな動物だということでした。一度大工に天井裏を見てもらったところ動物の糞が落ちており、何らかの動物が住み着いているのは明らかだったため、駆除見積りを依頼したいとのことでした。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼