アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > コウモリの駆除方法と発生原因
受付対応!
被害が大きくなる前にコウモリを完全駆除! 安心の明朗会計30,000円~
害獣駆除ならおまかせください! 害獣駆除110番は、イタチ・ハクビシン・アライグマ等の駆除についてご利用シェアNo.1を獲得しました。
害獣駆除のプロに任せて安心! スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、お電話がつながりやすくなっております。

人間に被害を与えるコウモリについて

アブラコウモリ(イエコウモリ)の特徴

アブラコウモリは、超音波によって周辺の地形や餌を把握ことが最大の特徴です。このエコーロケーションと呼ばれる能力を使うことで、暗闇の中も自由に飛び回ることが可能にしています。コウモリの種類によっては、昼間でも活動をしているものもいます。そのようなコウモリにはある程度目が見えますが、アブラコウモリの場合視覚はほとんど退化しています。なぜなら暗闇の中では視力は必要ないからです。その分聴力が発達しています。アブラコウモリのこれらの特徴は、生活スタイルにより適したものに進化していったのです。アブラコウモリは民家に住み着くことが多いため、別名「イエコウモリ」と呼ばれています。
コウモリの姿

習性

アブラコウモリは、1.5センチより大きな穴があればどこでも入ってしまうほど体と大きな耳が特徴です。日光を嫌うため、昼間は暗い所に潜んでおとなしくしています。天敵はフクロウやタカなどといった猛禽類(もうきんるい)です。これらの天敵は昼間などの明るい時間に活動しているので、アブラコウモリは敵のいない夜に活動をするようになったともいわれています。ただ、日本では野生のフクロウなどはほとんど生息していないので、アブラコウモリにとって生活しやすい地域だといえるでしょう。夜になると外に飛び立ち餌となる昆虫を探して飛び回ります。

生態

コウモリは、北海道の北部を除く全国に分布・繁殖しています。そのほとんどがアブラコウモリです。暖かい気候を好み、冬には冬眠。一方春から秋までは盛んに活動します。特に繁殖期である夏には、1度に3匹ほど子供を産み、繁殖力が高い一面もあります。これはアブラコウモリの特徴で、ほかのコウモリはここまで繁殖力は高くありません。基本的には、人間が嫌う虫、蚊や蛾、ゴキブリをエサとして食べます。

コウモリが生息しやすい場所

コウモリは、暖かい場所である、屋根裏や天井裏に潜みます。小さな体長を活かし、非常に小さな穴からも侵入できるのが特徴です。ほかにも、暗い場所である倉庫やビルとビルの間などにも生息します。繁殖力の高さのほかに、団体行動をすることが多いため、一度住み着くと、気づかないうちに100匹ほど生息していたという例もしばしばあります。

アブラコウモリは人間を襲うような攻撃こそはしてきませんが、自宅に住み着くことで衛生的・精神的な被害を受けます。フンによる被害はその代表例です。アブラコウモリは日中すみかでじっと動かず過ごします。そのまま排泄するので、一点にフンや尿が集中してニオイも強烈です。異臭によってストレスがたまることもあるでしょう。また、アブラコウモリの排泄物には病原体が多く含まれており、乾燥したフンが空気中に舞い、人間が吸い込むことで喘息(ぜんそく)などのアレルギー症状を引き起こすのです。こういった被害から、身を守るためにも住み着いたコウモリは速やかに追い出さなければいけません。

コウモリによる被害

  • 屋根裏で飛び回る騒音
  • 屋根裏のフンによる悪臭
  • 天井に病原菌を含んだフンがしみ出してくる
  • コウモリに寄生しているノミ・ダニが大量発生
  • 高い繁殖力による大量発生で被害拡大
  • フンが天井にしみこむことによるカビの発生

コウモリの調査法

コウモリの調査について

コウモリが自宅の周りで出入りする姿を目撃しても、コウモリの巣穴は大変小さいため、見つけるのが大変です。まず、侵入経路を特定します。特定できたとしても、すぐに巣穴を塞ぐわけにはいきません。巣内のコウモリの子供の有無、また季節によっても、穴を塞げるか否かを判断します。

調査風景

●調査方法

被害把握
・調査機材(小型カメラ・赤外線カメラなど)を使用
侵入経路
・夕方以降のコウモリの出入りからも、巣穴を特定
被害状況
・調査機材を使用し、今すぐ穴を塞いでも問題がないか判断

※カメラ操作によって送信されたデータから、上記内容を判断し、被害の大きさやルートを割り出します。

プロが対応の現地無料調査 まずは害獣被害の実態を調べます!!

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容をもとにお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

コウモリの防除の流れ 無料調査後~駆除まで

STEP.01無料現地調査とお見積り

まずは、無料での現地調査をいたします。被害状況などを実際に現場で確認し、お見積りやどのようにコウモリを駆除するかを、丁寧にご説明いたします。屋根裏の騒音がコウモリによるものなのかわからない場合でも、無料調査のため、お気軽にご相談ください。

調査とお見積り

STEP.02コウモリの駆除・再発防止作業

お客様との契約が成立後、駆除や清掃、再発防止を、コウモリ駆除のプロが自信をもって行います。

駆除

人体に影響のない薬などを使い、駆除をおこないます。ご自宅でペットを飼っていたり、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも、安心です。

コウモリの駆除

清掃・消毒

コウモリやコウモリのフンは、病原菌やカビの成分が含まれています。そのため、フンや死骸の清掃、その後の消毒は念入りにおこないます。

清掃・消毒

侵入対策

巣となっていた場所に残っているものがないことを確認し、巣穴を塞ぎます。この作業をしっかりとおこなうことで、再びコウモリが住み着くのを防ぎます。

侵入対策

STEP.03作業終了後、料金のお支払い

作業終了後代金をお支払いただいたら完了です。もし、その他、疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。

お支払い

コウモリの防除方法

コウモリ駆除に適した季節

コウモリ駆除に適した季節は、春です。コウモリの繁殖期である夏の前に、きれいさっぱり駆除してしまうのが効果的です。夏以降に駆除し、巣穴を塞いでしまうと、中に子供が取り残されてしまう可能性があります。塞がれてしまった巣内でコウモリが死んでしまうと、菌が繁殖し、寄生虫が大量発生してしまうのです。一方、コウモリ撃退を避けるべき季節は、冬です。冬になると、多くのコウモリが冬眠しています。たとえ燻煙剤での追い出しをしても、外に出てこないコウモリもいるようです。そのまま巣穴を塞いでしまうと、上記と同様のことが起きてしまうため、控えるのが賢明でしょう。

燻煙剤による追い出し

燻煙剤を使って、巣穴にいるコウモリを追い出すことができます。燻煙剤は、一度焚くと、屋根裏や天井裏に充満してくれるため、効果は抜群です。しかし、冬に使用する場合、コウモリは冬眠中で体力を温存していることもあり、思い通りに出てくれない可能性も考えられます。燻煙剤は確かに効果的ですが、使用する時期も考慮して、有効な使い方をするとよいでしょう。

忌避剤による防除

忌避剤も種類はさまざま存在します。コウモリ撃退のための忌避剤を試してみると、効果が見られるでしょう。蚊取り線香も、コウモリが嫌うものの一つです。何より大切なのは、コウモリを寄せ付けないようにすることです。巣穴からコウモリを追い出したら、そのコウモリが戻ってこないように工夫が必要です。磁石や超音波を発するものを設置することで、コウモリを寄せ付けないという説もありますが、実証はされていません。コウモリは超音波を発する動物ですが、市販で売られている磁石ではその超音波を乱せないといいます。

侵入対策

何より、侵入を防ぐためには巣の入り口となっていた穴を塞いでしまわなくてはいけません。コウモリ対策で大切なのは、巣穴から追い出し、その穴を塞ぐことにつきます。とにかく、巣にコウモリがいなくなったらすぐに穴を塞いでしまうことが重要なのです。

コウモリは追い出して終わりじゃない!危険な二次被害について

侵入口をふさがなければ被害再発の恐れも

先述したように、コウモリは追い出しても、少し経てば戻ってくることが考えられます。そのため、追い出したらすぐに巣穴を塞ぐことが必要不可欠です。被害が再発してしまわないためにも、確実に巣をつくる場所をなくしましょう。

のこされたフンは衛生被害の原因に…必ず処理すること!

コウモリのフンには、たっぷりの病原菌が含まれています。そのため、コウモリを追い出してから、巣やその周辺の消毒は必ず行う必要があります。巣の清掃の際に、掃除機を使用するのは避けるべきです。掃除機により、フンが散布してしまう可能性があり、病原菌を部屋にまき散らすことにもつながります。確実な消毒が必要であるため、フンが大量に見つかった場合は、念のためにも業者に依頼するのが無難であるといえます。

侵入対策

先述したように、侵入対策はしっかりと行うべきです。被害を受けた際、巣穴となってしまった穴を塞ぐことはもちろん、それを機に一度周辺にも同様の穴がないか確認してみましょう。もしある場合は、その穴も念のため塞いでしまうのがよいです。コウモリは1.5センチほどの小さな穴からも侵入してしまいます。小さな穴を見つけるのは難しいですが、あらかじめ巣になりそうな場所を塞いでおくことが、もっとも有効な侵入対策です

コウモリによる被害拡大にご注意ください

  • かゆみ
  • アレルギー
  • 皮膚炎
  • 喘息
コウモリの被害が大きく、天井からコウモリのフンがしみ出してきている場合は、大変危険です。染みている部分から、病原菌が部屋の中にも入り込んできます。さらに、コウモリのフンにはカビの元となる成分も含まれているため、しみこんだ部分にカビが生え、天井の劣化が進みます。そのような場合、コウモリ駆除の業者にも相談し、その天井をどうするべきなのか解決策を早急に見つけましょう。放っておくと人体にも悪影響を及ぼすため、危険です。
害獣駆除のプロに任せて安心!スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。

害獣駆除情報

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら