アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > イタチの駆除方法と発生原因
受付対応!
天井や床下から物音が… 被害が大きくなる前にイタチを完全駆除! 安心の明朗会計20,000円~
害獣駆除ならおまかせください! 害獣駆除110番は、イタチ・ハクビシン・アライグマ等の駆除についてご利用シェアNo.1を獲得しました。
害獣駆除のプロに任せて安心! スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、お電話がつながりやすくなっております。

イタチについて

イタチの特徴

イタチは、顔を除く全身の毛色が褐色掛かった茶色。周囲を偵察するために立ち上がることが多いため、その姿が火柱のように見えることから「火立ち(ヒタチ)」がイタチと呼ばれるようになったとも言われています。口元は白く、クリッとした円らな目の周りは黒色と、パンダ同様に愛嬌ある顔が特徴的。全長はアライグマやハクビシンよりも小型で、体長はオス30~40cm、メス20~30cm、体重はオス約450g、メス約150gと、雌雄で体のサイズが大きく異なります。類似した動物にはテンやアナグマ、フェレットなど。見た目が似ていても全く性質は違うので注意が必要です。
イタチの姿

習性

その見た目とは相違って性格は凶暴、小型のネズミや鳥はもちろん、時には自分よりも大きな生き物も獲物とし、鋭い歯を使って捕食することがあります。反対にキツネやフクロウ、鷲、鷹など、動きが俊敏な動物が天敵と言われ、数センチの隙間を潜れる柔軟性と、垂直に壁を登ったり地面にトンネルを掘ったりする機動性を活かして敵から逃れる習性があります。

繁殖生態

イタチは沖縄を除く全国各地に分布して繁殖。稀に雑種が生まれることもあるようですが、基本的に日本国内には4種類の在来種がおります。単独生活を基本とし、一か所の個体数は多くはなく、子育てもニホンイタチはメスがするのみ。発情期は1年に1~2回ですが、1度に5頭以上出産し、子イタチも短期間に繁殖力を得ると言われています。

イタチが生息しやすい場所

肉食性が強い雑食であるので、魚や鳥が捕れる池や水辺、河川沿い、湿地帯など、人為が及ばない自然環境が整った場所をはじめ、食べ物が豊富にある民家周辺や水の流れていない人工側溝などを寝床にするなど、近年は都市化の進む人家周りにも生息分布域を拡大してきていると言われています。そのため、空き家でなくとも人が住んでいる家屋に侵入、床下や天井内に営巣するケースも増えています。

このように、見た目によらずイタチの被害は精神的、衛生的、経済的にダメージを与えます。ちなみに、イタチとはイタチ属に分類される肉食哺乳類の総称。日本では在来種4種類のうち特に2種類のイタチ(亜種名:ニホンイタチ、チョウセンイタチ)が有名ですが、都市部における被害の大半がチョウセンイタチによるものと言われています。用心深い上に、一度棲み着いてしまうと自分から自然に出ていくことはない厄介な動物であるため、イタチ駆除をしない限りは、この先もイタチの被害に悩まされ続けることになります。現状におけるイタチの基礎情報をしっかり把握して、イタチを確実に追い払い再発防止に取り組むことが大切になります。

イタチによる被害

  • 屋根裏を動きまわる時の騒音
  • 咬まれたり引っかかれた際の病気の媒介
  • 人間の出した生ゴミを漁られる
  • 農作物や家畜、ペットなどへの被害
  • 屋内、屋外に糞尿を排泄され悪臭
  • ハエやノミ、ダニなどの害虫が大量に発生

イタチの調査法

イタチの調査について

イタチを家の周りで見かけたら、または実際に屋根裏や床下などで見つけたら、すぐにでも防除したいという気持ちもわかりますが、厄介な生き物なだけに、確実に追い払えるよう慎重さを持って取り組みましょう。まずは被害の形態的特徴から、イタチの生態状況を調査することから始めます。

調査風景

●調査方法

特定
調査機材(カメラやセンサー等)を使って観察を行う
侵入経路
観察を踏まえ侵入箇所確認及び痕跡確認を行う

※体毛や糞、足跡など害獣を特定するものがあれば採取・分析します

プロが対応の現地無料調査 まずは害獣被害の実態を調べます!!

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容をもとにお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

イタチの防除の流れ 無料調査後~駆除まで

STEP.01無料現地調査とお見積り

まずは無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してからお見積りやイタチ駆除の方法など丁寧にご説明します。その際にご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

調査と見積り

STEP.02イタチの駆除・再発防止作業

お客様のご了承後、イタチ駆除のプロが専門知識と技術で、迅速・確実に駆除・再発防止をいたします。

駆除

人体に無害な薬剤を採用しています。安全面が心配な方でも安心してご利用いただけます。

イタチの駆除

清掃・消毒

イタチのフンは家を腐らせ、それをエサにする害虫も発生します。駆除後の消毒・清掃は必須作業になります。

清掃・消毒

侵入対策

一番の駆除方法は「家に入れないこと!」駆除作業が終わったあとに侵入経路を封鎖しておけば被害の再発も防げます。

侵入対策

STEP.03作業終了後、料金のお支払い

作業終了後代金をお支払いただいたら完了です。もし、その他、疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。

お支払い

イタチの防除方法

  • 罠による捕獲

    直接的な駆除が期待できます

    捕獲器の種類
    捕獲ケージ
    ドラム型捕獲器
    捕獲カゴ

    防除の第1ステップは「捕獲」です。巣の出入口に捕獲檻を取り付け、追い出したところを捕獲します。ただ折角罠餌や檻カゴをセットしても、イタチが警戒して出て来なければ意味がありません。従って、煙を焚いて巣から追い出す煙霧剤も捕獲に必要なものの一つです。危険ですので、銃やボウガンなどを使用して追い出すような対応方法は避けましょう。また、万が一罠を逃れた時のために、捕獲状況を考慮して、罠設置付近に2重、3重の措置を講じておくと更に確実です。

  • 忌避剤による処理

    イタチが生活できない環境を作ります

    排除・忌避グッズ
    嗅覚忌避剤
    フラッシュのような強い光を発する物威嚇音
    撃退超音波
    イタチが嫌いなものの臭いが付いたもの
    駆除スプレー

    捕獲した後の第2ステップとして「再び寄せ付けない」ということが大事です。最近はイタチの弱点を考慮した駆除グッズなども充実していますので、設置場所をよく吟味して置くようにしましょう。右に挙げた以外にも、害獣が好まない香りを発するハーブを植えたり、空間噴霧処理として駆除薬を散布する方法などもありますが、いずれにしても効果が有効な設置期間がありますので注意が必要です。手間なくより確実に忌避を行うなら駆除業者に対処施工をお願いするのも方法です。

  • 侵入対策

    生態を熟知したプロの再発防止策

    対策箇所
    フェンスと地面との隙間
    建物の死角
    床下、屋根裏の換気口
    フェンスと地面との隙間

    防除の第3ステップは「未然に侵入を防ぐ」ことです。イタチはわずか数センチでも潜り込む柔軟性がありますので、侵入口となりそうな箇所は確実に塞ぐことが重要です。板材よりも強度のある金属や金網、または市販されている防獣ネットが有効です。

害獣は捕獲後の扱いも慎重に!危険な二次被害について

再侵入の恐れ…害獣は捕獲して終わりじゃない!

捕獲や追い出しにより害獣の駆除に成功したとしても、別の害獣が住み着いたり、追い出した害獣が戻ってきたりすることがあります。再度侵入されれば、再び駆除が必要になりイタチごっこが続きます。イタチやハクビシン、アライグマは小さなすき間からも侵入できるため、出入り口の特定と封鎖を欠かすことはできません。

衛生的な問題。排泄物の処分はだれがやる?

イタチやアライグマ、ハクビシンを捕獲した後に残るのが排泄物です。これらは悪臭や害虫を発生させる原因になります。お家の天井裏など生活圏内が汚いのは衛生的によくありません。しっかりと掃除をすることで二次被害を防ぎましょう。

屋根裏への悪影響!天井が抜け落ちる可能性も!

害獣の排泄物は、衛生面に悪影響を与えるだけではなく、天井や柱に使われている木を腐らせてしまいます。被害が進行すると天井が抜け落ちることも…。また、断熱材を食い破って巣を作ることもあります。イタチやハクビシン、アライグマは人間だけではなく住まいにも被害を与えるのです。

害獣による拡大被害にご注意ください

  • かゆみ
  • アレルギー
  • 皮膚炎
  • 喘息
害獣は天井で単に暴れまわるだけでなく、ダニ・ノミの増殖や、病原菌の持ち込みといった衛生面でも大きな問題につながります。 ダニ・ノミの増殖後も、その死骸やフンで喘息やアレルギーなどへと被害が拡大するため、抵抗力が低下した高齢者や小さなお子様がおられるお客様は「屋根裏がちょっとうるさい…」で済ませずに早急な対策をおすすめいたします。
害獣駆除のプロに任せて安心!スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。

害獣駆除情報

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3評価, 平均評価: 4.67 )
Loading...

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら