アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除の事なら害獣駆除110番TOP > 鳩の駆除方法と発生原因
受付対応!
被害が大きくなる前にハトを完全駆除! 安心の明朗会計30,000円~
害獣駆除ならおまかせください! 害獣駆除110番は、イタチ・ハクビシン・アライグマ等の駆除についてご利用シェアNo.1を獲得しました。
害獣駆除のプロに任せて安心! スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、お電話がつながりやすくなっております。

鳩(ドバト)について

鳩(ドバト)の特徴

鳩はハト目・ハト科に属する鳥類です。体に比べて小さい頭に、「鳩胸(はとむね)」と呼ばれるほど大きく発達した胸が特徴です。鳩の名前の由来は諸説ありますが、鳩が飛ぶ際に羽ばたく音からきているといわれます。体調は約15cm~75cm。ずんぐりとした体形と、美しくカラフルな羽も大きな特徴です。世界中には約335種類の鳩がいるといわれます。日本でよく見かけるのは「ドバト」や「アオバト」、「キジバト」です。
ハトの姿

習性

鳩は帰巣本能が強い鳥です。帰巣本能とは遠く離れた場所からでも、自分の住処へ戻ってくることができる能力のことで伝書鳩は、この鳩の帰巣本能を活かしたものです。鳩の帰巣本能は、鳥類のなかでもひときわ強いものといわれています。また、執着心が強く「あきらめること」を知らない性格です。追い払っても同じ場所に戻ってくる習性があります。鳩は鳥類のなかでは珍しく、一日の行動パターンが決まっています。朝は「休憩をする場所」、昼は「エサを取る場所」、夜は「自分の住処」など、毎日決まった行動を繰り返します。同じ行動を毎日続ける習性と、執着心の強さから、鳩による被害は大きくなりやすいのです。

生態

ハトは年中繁殖期で、交尾後に群れ行動をする個体もいますが、基本的には年に一回のみ出産するようです。しかし、寿命が10年以上と長く、出産できるようになる歳も早いのが、生息頭数増大の原因と考えられています。

生息場所

鳩の主な生息地は人間の生活圏内です。公園や住宅街など、人間が住んでいる場所は同様に鳩の生息場所になります。種類によっては雑木林を根城にしている鳩もいますが、人間に害を与えるのは、基本的に人間の生活圏内にいる鳩です。人間の生活圏内には、鳩の天敵であるワシやフクロウなどが少ないためともいわれています。

鳩はその温厚そうな見た目とは裏腹に、縄張り意識が強く巣に近づくものには容赦をしない凶暴性も持ち合わせています。自宅のベランダや、近くに鳩が住み着いた場合は、フンによる汚れや雑菌による衛生被害、鳴き声による騒音トラブルに発展するおそれがあります。このような被害は、鳩が住み着いてから本格的に発生します。鳩による被害を予防するには鳩が住み着きにくい環境作りが大切です。鳩は人の目の届かない、雨風がしのげる隙間を探して巣を作ります。隠れる場所ができないようベランダはキレイに片付けておきましょう。また、室外機の裏などは定期的に確認しておくことをおすすめします。鳩が一度住み着いてしまうと、その帰巣本能の強さから、なかなか立ち去ってはくれません。

鳩の糞被害と騒音問題

  • フンによる外観の汚れ
  • 集団で集まった鳩の鳴き声によるストレス
  • フンがあることにより不衛生な環境
  • 鳩が羽ばたくときに発生する騒音

フンから発生する病原菌による感染症やアレルギーのおそれ

鳩の調査法

鳩の調査について

鳩を自宅近くでよく見かけるようになったら、鳩は巣作りのための下見をおこなっている可能性があります。いきなり大掛かりな対策をおこなうのではなく、まずは状況確認や必要な対策方法を検討、鳩による被害レベルの確認をしていきます。

調査風景

●調査方法

被害把握
・被害レベルの確認
対策のご提案
・状況に合わせた対策方法をご提案
プロが対応の現地無料調査 まずは害獣被害の実態を調べます!!

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容をもとにお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

ハトの防除の流れ 無料調査後~駆除まで

STEP.01無料現地調査とお見積り

まずは無料で現地調査に伺います。実際の被害状況を確認してお見積りをご提示させていただきます。疑問があれば、お気軽にご相談ください。

無料現地調査とお見積り

STEP.02鳩の駆除・再発防止作業

お客様のご了承をいただいたのち、鳩駆除のプロが作業をおこないます。

駆除

住み着いた鳩を駆除します。縄張り意識の強い鳩は、追い払っても戻ってくる可能性が高いため、駆除ののち、現場の清掃や侵入対策を施します。

ハトの駆除

清掃・消毒

不快で不衛生な鳩のフンを清掃します。外観を損ない、病気の発生源にもなる鳩のフンの清掃や消毒は必須の作業です。

清掃・消毒

侵入経路封鎖

鳩が再度侵入して来られないように、鳩対策のグッズを用いて侵入対策を施します。これらの対策もお客様の状況に沿った、最適な対策方法を提案させていただきます。

侵入対策

STEP.03作業終了後、料金のお支払い

作業終了後代金をお支払いただいたら完了です。もし、その他、疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。

お支払い

ハトの防除方法

  • 鳩駆除アイテムを使用

    直接的な対策で鳩の侵入をブロック

    鳩駆除アイテムの種類
    ワイヤー
    剣山
    捕獲カゴ

    鳩駆除に用いるアイテムは剣山やワイヤーがあります。剣山は設置することで、エアコンの室外機などにハトが住み着くのを防ぐ効果があります。ワイヤーはベランダの手すりなどに設置して、鳩が手すりにとまれない環境を作ります。

  • 忌避剤による防除

    鳩が嫌いなニオイを使って撃退

    忌避剤のタイプ
    固形タイプ
    ジェルタイプ
    スプレータイプ
    駆除スプレー

    忌避剤(きひざい)にはハトが苦手なニオイや成分が含まれています。忌避剤の種類にもスプレータイプやジェルタイプなどがあります。簡単に使える鳩対策のグッズです。

  • 侵入対策

    何度も戻ってくる鳩はネットで対策

    侵入対策グッズ
    鳩用の防護ネット 
    雨樋

    鳩が家に住み着く前に、鳩用の防護ネットなどを設置して侵入対策をします。鳩は執念深い性格のため、小さなスキマでもくぐり抜けるようにして侵入してきます。必ずスキマなく設置するようにしましょう。

鳩はまた戻ってくる!しつこい鳩の二次被害について

すきまチェック!侵入口をふさぐこと

縄張り意識の強い鳩は、お気に入りの場所から離れることはそうそうありません。追い払っても、またすぐに戻ってくる可能性は高いのです。そのため、鳩を駆除したあとには、必ず鳩用のネットなどを用いて侵入経路を阻みましょう。スキマを作らずに、徹底的に塞いでしまえば、鳩の二次被害を防ぐことが可能です。

鳩の糞はとても危険!正しい方法で清掃しよう

鳩のフンは見ために不快なだけでなく、さまざまな病原菌を含んでいます。乾いたフンが空気中を漂い、口から人間の体内に侵入してくる可能性もあります。また、鳩はフンが残っていると、仲間がいると思って安心してしまい、その場所へと近づいてきます。フンは必ずキレイに除去しましょう。マスクと手袋の着用もお忘れなく。

止まらせないように工夫する

鳩をとまらせないようにすることは、鳩の被害の再発を防ぐことに直結します。そのためには鳩対策のためのワイヤーをベランダの手すりの部分に取り付けたり、剣山をスキマなく設置したりすることが効果的です。鳩にとって、居心地の悪い環境を作りましょう。

鳩による被害拡大にご注意ください

  • かゆみ
  • アレルギー
  • 皮膚炎
  • 喘息
鳩による被害は鳴き声やフンによる汚れだけではありません。鳩のフンにはサルモレラ菌や真菌類が含まれます。また、鳩の体にはダニ・ノミが寄生しています。フンが乾燥すれば、菌とともに飛散し健康被害を生む原因となります。鳩の被害は、時間が経てば被害か拡大し対処も難しくなるので、早めの対策をお勧めします。
害獣駆除のプロに任せて安心!スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。

害獣駆除情報

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

害獣駆除に関するよくあるご質問

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら