受付対応!
天井や床下から物音が… 被害が大きくなる前に害獣を完全駆除! 安心の明朗会計15,800円~
害獣駆除ならおまかせください! 害獣駆除110番は、イタチ・ハクビシン・アライグマ等の駆除についてご利用シェアNo.1を獲得しました。
害獣駆除のプロに任せて安心! スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、お電話がつながりやすくなっております。

プロが対応の現地無料調査 まずは害獣被害の実態を調べます!!

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容をもとにお見積りをさせていただきますので、その際に害獣駆除のプロにお客様のご要望やご不明点をお伝えください。ご期待に添える解決方法をご提案させていただきます。

調査してお見積りを提出するので、安心の明朗会計です!!

もしかして?と思ったら害獣の仕業かも…早めの駆除が大切です!! 害獣は家の天井裏、床下に巣を作り自分の巣の周辺でフンをする習性があります。 まずは無料調査!!

料金の目安

低価格 害獣駆除料金15,800円~ しかも現地調査0円~※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。
  • 料金のご案内
  • 害獣駆除のプロが対応いたします!

  • アライグマ、イタチ、ハクビシンといった害獣に関する現地調査・駆除に関しましては実績豊富な害獣駆除のプロが行います。駆除だけでなく害獣によって汚染されたフン・尿などによる現場の清掃や、消毒作業も行わせていただきますのでご安心してお任せください。また、無料現地調査ではお見積りのほか、被害の現状把握、駆除方法、手順などについて丁寧に説明させていただきますので、お気軽に「0120-949-085」までご相談ください。もちろん、サービス内容や価格比較のため他社様との相見積りも歓迎いたします。サービス内容・価格・解決力には自信がありますので、是非、害獣駆除110番と比べてみてください!※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

各項目の詳細なお見積りをご提出 駆除費用 殺菌・消毒費用 清掃費用
各種クレジットカード、現金がご利用いただけます ※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。
メールで無料相談

害獣駆除110番が選ばれる4つの理由

適正価格のご提案!
現地調査・見積り無料

4つの理由1

無料現地調査にお伺いして、被害の状況を把握してから駆除方法の検討をさせていただきます。その内容をもとにお見積りをさせて
いただきますので、その際に害獣
駆除のプロにお客様のご要望やご
不明点をお伝えください。

害獣駆除のプロが対応!
一匹残らず徹底駆除!

4つの理由2

害獣が一匹でも残っていれば、被害の再発に悩まされる可能性が高いです。害獣駆除110番では一匹残らず徹底駆除をモットーに施工を
受付けています。害獣の再発が心配
な方も、安心してご相談ください。

高品質なサービスを提供!
安心・安全に消毒・清掃

4つの理由3

害獣が残したフンや食べ残しの清掃と消毒、気になるニオイの消臭まで丁寧に行いますのでご安心ください。害獣の排せつ物を放置
していると家の腐敗や害獣の発生
といった、2次被害も引き起こし
ます。

多くのお客様からご好評!
累計問合せ100万件

4つの理由4

累計問合せ件数100万件!あらゆる害獣に対して深い知識と経験豊富な害獣駆除プロが、スピーディーに解決いたします。またお客様
の状況に合わせて最適な対策方法
をご提案いたします。※弊社運営サイト全体の年間受付件数

害獣駆除のプロに任せて安心!スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。

無料調査後から完了までの流れ

完了までの流れ1

お見積りと対応を丁寧にご説明

ポイントをわかりやすく説明いたします!!

お見積りをお渡しするときには、費用を伝えるだけではなく「ご自宅がどんな状況なのか?」「どんな対処が必要なのか?」までわかりやすくご説明しています。お客様の不安や疑問を取り除くこともプロの仕事です。ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

完了までの流れ2

駆除・追い出し作業

安全のため毒薬は使いません!!

害獣を追い出すために「薬は使うの?」「ペットや子供への影響は?」など不安に思うことは沢山あると思います。害獣駆除110番では、毒薬を使わない駆除方法を採用していますので、安全面が心配な方でも安心してご利用いただけます。

完了までの流れ3

殺菌、消毒、清掃

フンの臭いが残ると再侵入の恐れ有り!!

害獣はその存在よりも、フンによる被害が深刻になるのはご存知でしょうか?害獣のフンは家を腐らせ、それをエサにする害虫も発生します。被害が大きくなれば、家の資産価値を下げてしまうこともありますので、駆除後の消毒・清掃は必須作業になります。

完了までの流れ4

侵入経路封鎖

再発防止を徹底して行います!!

一番の害獣駆除方法は「家に入れないこと!」です。害獣が屋根裏に住み着く原因は、非常に居心地が良いからです。そのため何度追い払っても害獣が住み着く可能性がありますが、駆除作業が終わった後に侵入経路を封鎖しておけば被害の再発も防げます。

  • アライグマ

    尻尾に縞模様があり、長い5本指を器用に使って餌を食べるアライグマ。幼獣は人に懐くこともあり穏やかなイメージが定着していますが、成獣になると非常に凶暴になるので注意が必要な動物です。運動能力が高く、泳ぎや木登りも得意なのが特徴。さらに手先が器用で雑食性ということもあって、農作物だけでなく、ゴミを漁られたり飼育しているニワトリや池の魚を食べられるなどの被害も起きています。凶暴で学習能力も高い、アライグマの駆除方法をご紹介します。

  • アライグマイメージ アライグマの発生原因と駆除方法
  • アライグマの駆除方法

    見た目が愛らしいアライグマは元は飼育用として輸入されました。しかしそのうち放棄され野生化し、人々の生活に影響を与えるほど害獣となったのです。アライグマは人間の出す生ゴミから果実、ネズミと様々な物を餌とします。そのため人間が育てている果樹園や畑を荒らし、大きな損害がでています。また性格は攻撃的で、咬まれることもあり、病気の媒介も心配です。夜行性なアライグマは、夜中に屋根裏を走り回るため、足音による騒音被害や糞尿による建物の損傷、悪臭と多岐に回って人間の暮らしに影響を及ぼしているのです。

    もしアライグマが現れたら、慌てず対策をたてましょう。まずアライグマは法律により勝手な捕獲が禁止されているため、自治体への許可が必要なので注意してください。アライグマの捕獲にはゲージを用意します。中には果実などアライグマの好む餌を入れて、餌に釣られてゲージへ入ったらそく捕獲です。捕獲のあとはアライグマを寄せつけないようにすることが大切です。それにはアライグマの嫌いなニオイである忌避剤を使用しましょう。ハッカ油や燻煙剤を使用して、アライグマの方から逃げてくれるように誘導します。忌避剤で逃げてくれたら、二度と入ってこれないように侵入経路を遮断します。アライグマは運動能力が高く手先が器用なので、ちょっとした隙間でもこじ開けたり登ったりして侵入します。力も強いため軽いものだと簡単に動かせるため、動かせない有刺鉄線やしっかりした金網で侵入口を塞ぎましょう。

  • イタチ

    全身が茶褐色、口元は白く目の周囲は黒色という容姿のイタチ。他の害獣に比べ小型で胴長・短足であるため、僅か3cm程の隙間でも潜り抜けることができる柔軟性が特徴的です。顔の表情に反し気性は荒く、肉食性が強い雑食で、小動物のほか時には自分よりも体の大きい家畜やペットを襲うことも。また排せつの際にマーキングをするため、棲み着くと大変な悪臭被害に遭うことになります。屋根裏の他、床下に棲み着くこともあり遭遇の危険が高いです。イタチの駆除方法をご紹介します。

  • イタチイメージ イタチの発生原因と駆除方法
  • イタチの駆除方法

    まるいつぶらな瞳と目の周りが黒い特徴からパンダにも似ている愛嬌のある顔立ちをしています。アライグマやハクビシンよりも小柄で、フェレットのような見た目ですが、性格は全く違ってとても狂暴です。むやみに近寄ったりするのはやめましょう。またイタチは法律により許可なく捕獲ができません。必ず自治体へ相談してください。
    イタチは歯が鋭く、自分よりも大きな生き物も捕獲してしまうほどですが、キツネやフクロウなど動きが速い生き物は苦手なようです。肉食性で攻撃的なイタチは家畜やペットも襲うという被害報告も多く、夜行性ながら餌を求めに昼間にも出没するため、遭遇時にケガをしてしまうこともあります。住み着かれた家屋は、走り回る騒音、糞尿しよる悪臭、ハエやダニの大量発生といった深刻な被害状況です。

    イタチが侵入しているようならすぐに対策をたてましょう。捕獲用のゲージを用意し、中にイタチの好物である肉系(唐揚げなど)を置いておびきよせて捕獲です。イタチの習性として、気に入った場所は再び戻ってることがあるので回避させます。イタチは光を苦手とするので、キラキラ光るCDや電源が確保できるなら電球を釣るし、また忌避剤もあるともっと有効的です。イタチに近寄らせないようにして、そのあとは侵入経路の塞ぎます。侵入経路を確認確認して、金網や防獣用ネットがよいでしょう。イタチは穴を掘ることが得意とするため、フェンスと地面の境目からスルリと細い体で簡単に侵入するため注意してください。

  • ハクビシン

    名前の由来になっているように、鼻筋に白いラインがあるハクビシン。尻尾が長く、短足・胴長で一見鈍そうにも見えますが、ジャコウネコ科だけあってネコのようなしなやかさを持っており、垂直にジャンプしたり、柱や壁をよじ登り電線を渡るなど、高い身体能力が特徴的です。雑食性で特に甘い果実が好物。そのため、庭やハウス栽培の農作物への被害が多発しています。屋根裏に棲み着く害獣としても知られている、ハクビシンの駆除方法をご紹介します。

  • ハクビシンイメージ ハクビシンの発生原因と駆除方法
  • ハクビシンの駆除方法

    漢字で「白鼻芯」と書くハクビシンは名前の通り、顔の中心、鼻筋に白い線が入っています。大きさは1mになるほど大型に害獣です。好物は果実などの植物で、農作物が荒らされる被害が広がっています。ハクビシンの寿命は10年以上と長く、1年に1回出産することがハクビシンの数の増加につながっているようです。夜行性で、昼間は隠れた場所で息をひそめていますが夜になると餌を求めに行動し始めます。運動能力が高く木登りも得意なため、高所にある木の実を食べて木の上で生活をしています。しかし近年では都市部の住宅地でも目撃情報が多く、屋根裏に住み着いて人間の生活に悪影響を及ぼしています。足音による騒音、糞尿による建物の損傷、悪臭、ダニなどの害虫増加、そして農作物への被害です。

    ハクビシンが家に住み着いたときは、適切な対処をしましょう。まずは捕獲です。ハクビシンは鳥獣保護法に指定されている害獣なので必ず自治体へ許可をもらいましょう。
    果実を好むハクビシンは果実でおびき寄せ、捕獲ゲージまで誘導させて捕獲します。他には大型で体重の重いハクビシンだからこそのトラップ、重さでひっかる捕獲器などもあります。
    捕獲できたら次は二度と戻ってこない対策をします。学習能力が高いため、一度嫌な思いをするといつまでも記憶しています。「ここは嫌な場所である」と印象づけるために忌避剤や音で撃退します。ハクビシンは音に敏感なため大きな音がすることを嫌がります。笛やブザー、テープを流し続けるなどするとよいでしょう。加えて忌避剤です。天敵であるオオカミの尿のニオイがする液体を侵入経路や住み着いていた場所へ散布します。そして最後に侵入経路を塞ぎます。木登りをするハクビシンは木の枝から屋根へ移るため木の剪定をしておくとよいでしょう。換気口や地面の隙間とあらゆる隙間や穴を金網で塞いでください。

害獣は捕獲後の扱いも慎重に!危険な二次被害について

再侵入の恐れ…害獣は捕獲して終わりじゃない!

捕獲や追い出しにより害獣の駆除に成功したとしても、別の害獣が住み着いたり、追い出した害獣が戻ってきたりすることがあります。再度侵入されれば、再び駆除が必要になりイタチごっこが続きます。イタチやハクビシン、アライグマは小さなすき間からも侵入できるため、出入り口の特定と封鎖を欠かすことはできません。

衛生的な問題。排泄物の処分はだれがやる?

イタチやアライグマ、ハクビシンを捕獲した後に残るのが排泄物です。これらは悪臭や害虫を発生させる原因になります。お家の天井裏など生活圏内が汚いのは衛生的によくありません。しっかりと掃除をすることで二次被害を防ぎましょう。

屋根裏への悪影響!天井が抜け落ちる可能性も!

害獣の排泄物は、衛生面に悪影響を与えるだけではなく、天井や柱に使われている木を腐らせてしまいます。被害が進行すると天井が抜け落ちることも…。また、断熱材を食い破って巣を作ることもあります。イタチやハクビシン、アライグマは人間だけではなく住まいにも被害を与えるのです。

害獣による拡大被害にご注意ください

  • かゆみ
  • アレルギー
  • 皮膚炎
  • 喘息
害獣は天井で単に暴れまわるだけでなく、ダニ・ノミの増殖や、病原菌の持ち込みといった衛生面でも大きな問題につながります。 ダニ・ノミの増殖後も、その死骸やフンで喘息やアレルギーなどへと被害が拡大するため、抵抗力が低下した高齢者や小さなお子様がおられるお客様は「屋根裏がちょっとうるさい…」で済ませずに早急な対策をおすすめいたします。

害獣駆除情報

お客様の声 おかげさまで皆様からご好評いただいております

詳しくみる

ご利用傾向の一例

対応エリア 24時間365日、年中無休で受付しております

害獣駆除のプロに任せて安心!スピーディーに対応!! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。