山形市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社中央白蟻研究所
株式会社中央白蟻研究所はシロアリの被害に対応することはもちろん、その他様々な害獣・害虫にも対応している会社です。山形市を中心とした事業展開から、市内で害獣にお困リの際はすぐに駆けつけてきれくれることでしょう。害獣被害は多くのものがあり、中でも恐ろしいものが病気の伝染です。害獣は体に色々な病原菌を持っているため、ご家庭でお子様やペットを飼われている場合は特に要注意です。糞の被害により病原菌を伝染されたり、また屋内に侵入し怪我をさせてしまう場合もあります。株式会社中央白蟻研究所ではそうした被害を起こさないために全力で対応にあたっていただけるため、被害を未然に防ぐことが可能な害獣防除に力を入れています。お子様やペットに被害が及ばないよう、防除の際に使用する薬剤散布は特に注意して作業を行っていただけるので、害獣を阻止し、環境を守る心強い味方であると言えるでしょう。
山形市の害獣駆除サービス

注意!山形市の潜む害獣の数。その対策とは?

山形市は山形県の県庁所在地で、県内でも最大の人口を擁する都市ですが、市内各地には豊かな自然が広がっています。そのため野生動物の生息数も多く、時として住民生活を脅かす存在にもなります。県内では1年間で害鳥の捕獲数が10367件、獣類の捕獲数が264件報告されているのです。本州最大の陸上動物・ツキノワグマは、山形市でも山沿いの地域を中心に目撃されています。特に冬眠前には餌を求めて人里近くまで下りてくることが多くなりますから、キノコ採りなどで山に入る際にはクマ除け対策が必要です。この他にもシカやイノシシなどの大型動物が市内にも生息しているものと見られています。住宅の天井裏や床下などに侵入して被害を及ぼす動物では、イタチやハクビシンが全国的に問題となっています。イタチは水辺を中心に生息する肉食獣で、ニホンイタチが日本のほぼ全域に生息しています。ハクビシンは外来種の疑いもありますが、アライグマのような特定外来動物には指定されていません。近年は関東地方を中心に生息域を拡大しており、山形市でも目撃例が増えています。イタチやハクビシンは騒音・悪臭などの直接被害をもたらすばかりではありません。糞尿等によって住宅の衛生環境が悪化し、さまざまな二次被害を発生させます。寄生虫や細菌感染を引き起こす場合や、カビ・ダニの発生源となってアレルギーなどの原因となる場合もあるのです。イタチに噛まれた場合は狂犬病の恐れもあります。イタチやハクビシンは鳥獣保護法の対象動物のため、一般の人が勝手に退治したり駆除したりすると罰せられる可能性がありますから注意が必要です。防除の際は専門の業者に依頼しなければなりません。そうした業者は法律に違反しない範囲で、有効な対策を講じてくれます。捕獲器を使って生け捕りにしたり、忌避剤を施して侵入を防いだりするのです。被害が発生したら専門業者に調査を依頼することが解決への近道です。「害獣駆除110番」加盟店にはその方面の達人が揃っており、駆除ばかりでなく清掃や天井板の張替えなどのサービスも行っています。

山形市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年08月20日
    エリア
    山形県山形市
    参考金額
    30,000円

    害獣に悩む戸建住宅のお客様からご相談がありました。何やら小動物のような害獣が天井裏で走り回っているとのことでした。詳しい害獣の種類は分かっていませんでしたが、お客様は駆除を検討しているということで、当社にお電話くださりました。見積りの日時などについては相談をして決めたいというご意向がありました。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼