鳥取県対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社何んでもおさか
鳥取県で最近猛威を振るっているのは、生息地を拡大しつつあるアライグマによる被害です。多くの都道府県で確認されているアライグマは元々日本に住んでいたわけではなく、北米からペット用や毛皮用として持ち込まれてきました。しかし、それらが逃げ出したり、飼い主が無責任に捨てた結果、野生化して、天敵の居ない日本の森林地帯を中心に徐々にその勢力を拡大して今日に至ります。そんな状況だからこそ頼れる存在なのがこの有限会社何んでもおさかです。何んでもおさかでは、各種害獣駆除に関する実績が豊富で、多くのお客様からのご依頼に誠実に、そして迅速に対応してくれています。皆様の害獣に関するお悩みを解決するために日夜努力を続けてくれる何んでもおさかの対応力は、きっと鳥取県の皆様の力になってくれるはずです。今現在害獣駆除について検討を進めている方や、過去に被害に遭って、再度の被害を防ぎたいという方の頼れる味方です。
日本鳥獣被害対策協会
鳥取県での害獣被害というと、イノシシやクマ、シカといった大型の哺乳類が中心と思われていますが、それ以外の小さな害獣による被害も決して無視できるものではありません。特に一般住宅などでの被害は、むしろそうした小さな害獣が中心になっていることが多く、特に近年増加傾向にあるのがアライグマによる被害です。外来種であるアライグマは、天敵が居ない鳥取県でかなりの被害を出しています。生息域の拡大とともに、山林や農地以外の市街地でもアライグマによる被害は増えつつあるので、今後も対策が必要になってきます。日本鳥獣被害対策協会は、優れた技術を持つ鳥取県の害獣業者の中でも特に、顧客対応の満足度が高い業者で、皆様にもきっと満足行く結果を示してくれるのではないでしょうか。日本鳥獣被害対策協会ではイタチ駆除にも力を入れていますので、そちらについても、皆様のお力になってくれる業者です。
鳥取県の害獣駆除サービス

注意!鳥取県の潜む害獣の数。その対策とは?

鳥取県の名産品のナシは鳥獣により被害を受けています。カラスやイノシシによる被害が多くなっています。次いでクマによる被害となっています。鳥取県での有害害獣の捕獲数は8010件に及んでいます。カラスの侵入を防除するためにはネットを張ることが有効です。イノシシやクマに対しては電気柵やトタン柵といった柵による防備か効果的です。イタチやハクビシンは1m以上垂直に飛ぶ力があって、垂直に壁を登る力があります。また、5cm程度の大きさの隙間があれば簡単にくぐり抜けることができるため、カラス避け用のネットを張っていても全く効果はありません。イタチの中でも在来種のニホンイタチは平野部からほとんど姿を消しましたが、チョウセンイタチは郊外だけでなく、街中にも出現して住宅の屋根裏を主なすみかとしています。鳥取県ではハクビシンは正式には観測されていませんが、周辺県すべてで生息が認められていて、繁殖力が強いこととイタチよりも大型なこと、及び甘い物、特に果樹を好むため、繁殖数が多くなると鳥取県の農産物にとって大きな打撃を与えることは間違いありません。また、ハクビシンも住居の天井裏をすみかとすることが多い動物です。住宅にイタチやハクビシンが住まわれてしまうと様々な被害が与えられるため、これら動物は害獣とされています。主な被害は騒音と悪臭になります。夜行性の生物のため、夜に寝ているときはネズミよりも大型種のため大きな騒音となり睡眠を妨害されます。また、決まったところに糞をするため糞が大量となり、ひどい悪臭に悩まされます。害獣本体や糞にはダニやノミが生息するため、皮膚炎やかゆみといった症状がおきます。子供や老人のような抵抗力が弱い人には更に大きな健康被害が心配です。屋根裏から音がするような場合には害獣に侵入されている心配があります。害獣駆除業者に連絡して、調査を依頼してください。個人的に駆除するには、動物の生態をしっかりしっていないと駆除できなかったり、駆除できても再侵入されてしまうため、プロにお願いした方が間違いありません。

害獣駆除110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市
害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼