鳥取市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社大陽
鳥取市では近年、市街地にもアライグマの侵入が確認され始めており、それに対しての対策が急務となっています。アライグマは見た目の愛らしさに反して鋭い牙や爪を持っており、海外では飼い犬などが襲われて悲劇的な結果を生んでしまうなどの事故もかなりの件数で発生しています。日本に本来居ないはずの害獣だったのですが、70年代以降、ペット用として輸入されたものが野生化するなどして勢力を拡大し続けています。駆除の中心となっているのは民間の害獣対策業者ですが、その中でもこの株式会社大陽は、優れた技術と、顧客の依頼をしっかり理解して現実化する技術を持っています。アライグマを始めとする害獣駆除は、実績豊富な業者が対応するのが、解決の糸口になります。今後も鳥取市でのアライグマ駆除だけでなく、イタチやアナグマといった害獣にも対処してくれるので、多くの方の害獣駆除のパートナーになってくれるはずです。
鳥取市の害獣駆除サービス

注意!鳥取市の潜む害獣の数。その対策とは?

鳥取市の属する鳥取県では、年間1499件の害鳥が捕獲され、年間6511件の害獣が捕獲されています。鳥取市を含めた日本全国で高齢化が進み山林と人里を分け隔てていた里山を管理する人が少なくなり、イノシシやクマといった害獣が山林から住宅街まで下りてくるようになりました。しかし、イノシシやクマは住宅街に降りてきてもすみかは山林のため、襲来したときに農作物被害を与える程度で襲われる被害はほとんどありません。一方、住宅をすみかとするイタチやハクビシンやアライグマは長期間住宅の屋根裏にいつづけるため、糞尿による悪臭や木材の腐蝕、動作音や鳴き声による騒音による被害は長期間に渡ります。同じく住宅をすみかとするネズミよりもイタチやハクビシンやアライグマは大型で力が強いため、住宅への被害はネズミ以上となります。毎年春ごろの繁殖期になると性格が凶暴となり、近づく人に攻撃を仕掛けることもあります。鳥取市では今のところハクビシンによる被害は出ていませんが、イタチやアライグマによる被害は頻出しています。ハクビシンも隣県に生息していて生息域を拡大させているため、鳥取市でも目撃されることは時間の問題です。糞尿によって増殖するダニやノミの死骸によってアレルギー症状や喘息が悪化することもあるため、動物本体の駆除と糞尿の除去は早急にすべきです。ホームセンターでは捕獲器や忌避剤が売られていますが、動物の種類によって効果の有無もあり、使用する方法によっては全く効果がないこともあります。害獣といってもほとんどの野生生物は鳥獣法によって保護されていたり、有害鳥獣であっても自治体や保健所に申請をしなければ捕獲することはできません。追い出す方法も危険を伴うこともあるため、是非とも当サイトにご相談ください。害獣から様々な被害を受けてしまうと、いろいろ問題が出ることもあります。皆様に変わって当サイトの加盟店ネットワークが対応いたします。

害獣駆除実績 5,000件以上
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼