害獣の被害情報はここまで深刻化している!

害獣の被害情報はここまで深刻化している!のイメージ

害獣による農作物被害は農業者だけではく、国でも問題視されています。その被害額は200億円に及ぶとも言われており、このまま増加傾向に進むと大変なことになります。消費者の立場にある私達にも影響がある話ですので、現状を知ることは大切です。現在日本ではどの様な被害が起こっているのか、また国では被害低減の為にどのような取組を行っているのか見ていきましょう。

深刻化する農作物への被害

【被害が深刻化するワケ】

害獣の被害で悩まされている方で、「思ったより効果がなかった。」なんて経験をした事はありませんか?実は非常に多くの方がもどかしい気持ちを抱いた事があり、対策がうまくいかないからこそ被害は深刻化してしまうのです。農作物の流通量が少なくなってしまえば自然と物価は高騰してしまい、国全体としても大きな問題に発展してしまいます。一方、害獣の方は人間の食べ物を蓄える事によって順調に繁殖を遂げ、どんどん数が増えてしまう悪循環となるのです。

【野外だけじゃない?害獣の被害の注意点】

害獣の中でも「屋根裏害獣」と呼ばれる種類は特に厄介であり、民有地を住処としてしまう事からあらゆるトラブルを誘発してしまう事が懸念されてしまうのです。作物だけではなく、住宅へのダメージや糞害による環境汚染なども考慮しなければなりませんので、小さな体に見合わない程危険度の高いと生き物となります。

【誰でも簡単に対策を行う方法!】

あまり害獣に対して専門的な知識がなく、どう対策していいかわからない方でも簡単に高い効果を見込む事の出来る方法は幾つかあります。まずは害獣に対する知識を備えた上で、国や各自治体、業者の方などに相談してみる事が近道となる対策方法の1つになります。害獣の種類によっても特性や生態は異なりますので、「自分にはどれだけ危険性があるのか?」という点をしっかり学び、「どうしたら被害を抑える事が出来るか?」について専門家にアドバイスを頂けると、多くのメリットを得られる対策が行える事になります。

こんな食物が狙われます

害獣は農林水産物が大好物であり、その中でも被害作物として狙われやすく、注意しなければならない収穫物は幾つかあります。ここでは食害に見舞われる危険性の高い作物をご紹介致します。

野菜のイメージ

【野菜】

  • トマト
  • サツマイモ
  • トウモロコシ
果物のイメージ

【果物】

  • 干し柿
  • びわ
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • ブドウ
  • みかん

害獣は糖度の高い物も好物としておりますので、特に桃やスイカなど高価な物が狙われてしまえば農作物被害額は一般常識を遥かに超えてしまう可能性があります。

害獣の被害で知っておきたい重要なポイント!

【1人で悩まない!被害を抑える秘訣】

害獣による農作物被害対 策は住民、農政担当共に多くの人が悩まされている内容となります。農業等被害を最小限に抑える為にはあらゆる手段を\講じる必要があるのですが、個人や小規模単位で全ての獣害から農耕地を守る事は非常に難しい行為となりますので、簡単には解決できません。そこで農林水産省の近畿農政局などでは、被害防止マニュアルを公開し、農業振興センター及び農業従事者が連携を行う事で、より有効的な農林水産省被害額の減少活動が期待されています。

【ご存知ですか?国の農業被害対策】

国全体としても農村地域の田畑などを守るために、被害発生予防措置として、「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律」に基づいた活動が行われております。農林水産大臣の基本指針を旨に、各市区町村での被害予防対策として農地面積を囲うように侵入防止柵を設置したするなど、多くの人が一丸となって協力支援を行う環境が整っているのです。しかしこちらの法律は留意事項として、あくまでも被害から守るためであり、闇雲に害獣を駆除しても良いと言う事にはなりませんので注意しておく必要があります。

害獣対策は見極めが肝心のイメージ

害獣対策は見極めが肝心

害獣対策を行政に任せるのは、とても有効な対策ですが、実際問題それだけでは充分な対策を取ることが出来ない場合も存在します。そんな時には、害獣駆除という分野で活躍している業者の力を借りるのが有効な方法です。
業者の力を借りるのか?借りないのか?状況を見極めながら判断することが大切です。


害獣の個体数はどんどん増加していっている報告も挙げられておりますので、もはや他人事ではない問題だと言えます。有効的な対策が行えなければ被害はどんどん進行してしまい、時間が経てば経つほど取り返しの付かない事態に発展してしまう可能性があります。これらの問題について、どれだけ正しい知識を持っているかだけでも最終的な被害総額には大きな差が付いてしまう事になるのです。まずは慌てず、しっかりと状況判断を行い、将来の事も見据えた対策方法を講じる事が大切となるでしょう。専門家への相談はその場のみならず、今後についても有益な情報を期待する事が可能となりますので、長い目で安心した暮らしをお求めの方には最良の方法であると言えます。害獣の被害でお困りの際はお互いに協力し合い、個人のみならず多くの方々にとって快適な生活が行える環境作りを目標としてみては如何でしょうか。

  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼