最新情報・レポート

イタチの習性の主な被害

イタチに、可愛らしいイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、その見た目とは裏腹に性格は凶暴です。イタチより大きいものであるニワトリを襲って食べることもある肉食性が強い特徴を持ちながら、農作物も食すので害獣としても知られています。
イタチは西日本を中心に生息しているので、関西エリアで被害が報告されることが多いですが、最近では都市部での被害が増えてきていることもあって、イタチ被害は決して他人事ではありません。
被害にあったときはすぐにでも対策をしたいですが、気性が凶暴なのでむやみに手をだすと危険です。イタチの対策をするには、習性などの基礎知識も必要といえるでしょう。
駆除をするために、まずは知ることから始めてみましょう。





イタチ

イタチの基本的情報

まずは、イタチの基本的な習性から見ていきましょう。

習性1 夜行性

昼に活動することもあるので、一概にはいえませんが夜に活動することが多いです。
夜間に動くとなると、私たちが寝ている間に農作物などが被害にあう可能性があります。
他にも、屋根裏に住み着いた場合は騒音被害にも悩まされることも…。睡眠が妨げられては、健康への被害も考えられそうです。

習性2 家に住み着くことがある

山から一時的に降りてくるならまだしも、住み着いてしまうケースもあるので厄介です。
多くは屋根裏や床下に住み着きます。断熱材を破って巣を作ることもあるので、家屋自体の損傷も気になるところです。
万が一住み着いた場合は、糞尿被害にもあうのでニオイの影響も受けてしまいます。
またイタチは、追い詰められると肛門付近から悪臭を放つという特性を持っているので、糞尿以外にもニオイ被害を受けることも考えられます。
またイタチは年に1~2回出産し、一度に3~7匹の子供を生みます。家の中で活動するイタチの数が増えれば、さらに被害が大きくなる可能性もありそうです。


厄介なイタチの習性

イタチには、気性が凶暴といわれるのも納得の習性があります。

・ 食べ物は動物性を好む

イタチは雑食性と言われていますが、肉食性が強くネズミなどの動物や昆虫も好んで食べます。
さらに、驚きなのが自分よりも大きいものも襲って食べてしまうという習性です。
ニワトリや大きい鯉など、思わず怯んでしまいそうなものも「食べる」対象になるのです。
そのため、家畜やペットが捕食の対象になることもあります。
農作物だけでなく、なんでも食べてしまうイタチ。被害が拡大する前に駆除したいところです。

・ 動きが軽い

イタチの被害が広がってしまうのは、非常に素早い、垂直な壁も登れる、狭い隙間もくぐれる、泳げるといった身軽さも関係しているとも考えられます。
私たちが、追いかけても簡単には捕まりそうにありません。
どんな環境でも進んで行けて、かつ動きが早ければイタチの対策には骨が折れます。

・ 嗅覚が優れている

イタチは嗅覚が発達しています。その能力は、どんなニオイでも嗅ぎ分けてしまうといわれているほど、非常に優れたものです。
生ゴミを漁り散らかすために、嗅覚を活かして近づいてくることも十分に考えられますね。

そんなイタチにも弱みがあります

イタチには恐ろしい習性もあり、これじゃあ太刀打ちできない!と思われた方もいるかもしれません。しかし、上に挙げた習性は時に弱みになることだってあるのです。
例えば、夜行性という習性。
基本的な活動は、夜にしているイタチにとって光は弱点の一つです。
光を向けると、イタチは嫌がります。また、イタチが住み着いた場所に光を照らしておくと、イタチが近づかなくなったというケースも。
他には、嗅覚に目をつけるといいでしょう。
嗅覚が優れているということは、イタチが嫌がるニオイを知っておくとイタチの対策に役立ちます。
自分でイタチの駆除をしたいと考えている方は、身近なもので試してみるのもいいでしょう。例えば、木酢液、蚊取り線香、燻煙材などです。わざわざ忌避剤を買わなくても、これらだとお家にあるもので効果が見られれば有効な対策になりますよね。
ただし、イタチの駆除を目的に販売されているものでは無いので、必ず効果があるとは限りません。

設置する場所としては、イタチの巣を中心にするといいです。その時は、屋外には置かないように気をつけましょう。ニオイが風に流され効果を発揮できません。


完全な解決を目指すなら業者にまかせるのもおすすめ

ご自身でイタチを追い出すことができても、既に住み着いてしまっていたときは、その後の清掃も必要です。とは言っても、誰だって糞尿を片付けるのは嫌ですよね。
そうでなくても、菌から健康に悪影響を及ぼすことも考えられます。今後、快適に生活を送っていくためにも、清掃だけでなく、除菌も重要です。 駆除と清掃、除菌を経て、完全な解決といえるので、そこまで行うようにしましょう。
また被害の大きさによっては、天井板の張替えが必要なこともあります。
ご不安なときは、業者に相談してみるといいでしょう。


まとめ

女性

イタチには、たくさんの習性があり、知れば知るほどその凶暴性から、どう対処すればいいかわからなくなることもあります。相手が強そうだということがわかると、よけいに怯んでしまいますよね。
しかし、習性を逆手にとって対処することもできます。
まずは、無理のない範囲で自分にできることをやってみる、もしくは最初から害獣のプロにお願いする、どちらもありです。
いずれにしても、早めの対策を心がけましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼