最新情報・レポート

駆除に許可が必要な害獣もいます

人間の住居や農作物、衛生などに深刻な害を与える野生動物を害獣といい、ハクビシン、アライグマ、ネズミ、コウモリなどをいいます。害獣の被害に遭うと、すぐに駆除したいという気持ちになると思いますが、実は簡単には駆除できない場合があります。
動物に関するたくさんの法律や条例により、許可無く個人が勝手に捕獲、駆除することが禁止されている害獣がいます。では、どのように害獣駆除の許可を得るのでしょうか。害獣駆除の許可の申請は環境省、農業更新センター、保健所などが窓口となっており、都道府県によって異なります。自分が住んでいる地域の窓口がどこなのかきちんと調べましょう。申請の際は、必要書類に害獣の種類や何匹捕獲するのか、捕獲する理由などを記入します。害獣による被害の写真や捕獲実施場所の地図、委任状なども用意します。害獣を檻カゴで捕獲する場合は狩猟免許の写しも必要です。申請に必要なものを窓口に提出し、審査の後、都道府県の知事から許可が得られます。
害獣駆除の許可を得るだけでも時間がかかり、面倒で大変ですが、害獣駆除の作業はもっと大変です。害獣がなかなか捕獲できなかったり、害獣を捕獲できたものの、どうすればいいのかわからないなど困ることもあります。そういった手間や面倒を省くために、業者に依頼するという方法があるのです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼