最新情報・レポート

駆除に許可が必要なものとそうでないもの

害獣駆除が必要になった時に、自力で害獣を駆除しようとする方がいらっしゃいますがそれは止めた方が良いでしょう。基本的に害獣駆除は追い払うことを主軸に置いており、更に自治体の許可が必要なものとなっております。勝手に害獣駆除をすることはできません。何故なら害獣であろうともさまざまな法律によって守られているからです。鳥獣保護法、狩猟法、動物愛護法などの法律が守っています。これらの法律によって、その害獣による実害があることを自治体に報告して許可を得ないといけないのです。ハクビシン、イタチ、アライグマなどを害獣駆除する際にも自治体の許可が必要ですし、作業には法律で定めた免許が必要となってきます。しかし、害獣駆除の際に法律に守られていない動物もいます。それがイエネズミです。ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類の害獣は許可なく捕まえることが可能ですし、殺傷することも可能となっています。これらの駆除の際にはハクビシンなどのように自治体にわざわざ許可をとったり、免許を取得したりということは必要ありません。ただしどちらの害獣駆除も害獣の知識などが必要となってきますので、実行するのであれば業者にまかせた方が良いでしょう。少なくともネズミ以外の害獣駆除をする際には許可が必要であるということは覚えておいた方が良いです。勝手に駆除することはできませんのでくれぐれもご注意ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼