最新情報・レポート

駆除するには許可が必要です

害獣駆除は勝手にやれば良いのではと思っているかもしれませんが、実は自治体に許可を取らないとできない作業になっています。害獣駆除で駆除するのはアライグマ、ハクビシンなどの中型の害獣ですが、どれも自治体が駆除の許可を出さないとやってはいけないことなのです。勝手に駆除をして良いのはネズミくらいではないでしょうか。ネズミの駆除は許可の申請どころか、ビル管理においてはちゃんとやらないといけないと決められています。動物愛護などの観点から、皆さまに被害を出す害獣だけを駆除するという意味合いで許可制となっているのです。どういった被害が出ているのか、何の動物なのかを申告して許可を貰います。また害獣駆除で必要な許可はこれだけではありません。罠を使うにも免許が必要なのです。アライグマなどを罠なし、つまり素手で捕獲するのはとても難しく、おそらく無理かと思われます。非常に抵抗されますし、素早く逃げるためにそもそも捕まえられるかどうかも怪しいです。罠猟免許という免許を取得しないと罠が使えませんので、皆さまが許可なく害獣駆除をすることはやはり難しいのです。そのために、免許や許可を取得している業者におまかせください。しっかりと害獣駆除をやってくれるでしょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼