最新情報・レポート

餌をあげてはいけない

タヌキやアライグマ、ハクビシンといった害獣は、基本的に野山や森林に生息していますが、なかには人間の生活圏に降りてきて餌を探す事があります。これらの害獣は見た目が可愛いことから、ついつい可愛がったり餌を上げたりしたくなりますが、決してしてはいけません。もともと学習能力が高いこともあり、人間から餌がもらえるとわかると、頻繁に現れるようになり、住宅に住み着かれることもあるのです。基本的に夜行性であるため、屋根裏などに住み着くことが多く、そこで、様々な被害を生みだします。屋根裏に住み着いた害獣は、暖を取ったり寝床を作ったりするために、断熱材を利用することがあります。断熱材を剥がし寝床にしてしまうのです。結果断熱材はボロボロになってしまいます。また、屋根裏に住み着いた害獣は、その場所を拠点として活動するため、排泄行為なども屋根裏で行います。決まって同じ場所に排泄が行われるため、悪臭やシミなどの原因になり、時には排泄物による腐食が原因で天井が抜け落ちたというケースもあるのです。また、害獣の排泄部には多くの病原菌が含まれており、健康被害を受ける可能性もあります。このように一度害獣に住み着かれると、住宅だけでなく住民も被害をうけることになり、非常に厄介といえます。これらの害獣を見つけたときには、害獣駆除の業者に依頼し、住み着かれる前に駆除してもらいましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼