最新情報・レポート

集合住宅での害獣トラブルに注意!

害獣は居心地の良い空間があれば、どこにでも住み着いてしまう恐れがあります。そのため、戸建住宅だけでなく集合住宅に害獣が住み着いてしまう事もあります。そのような場合、戸建住宅には無かった別のトラブルが発生することも考えられます。集合住宅では多くの人が同じ場所で暮らしているため、思わぬトラブルにつながってしまうのです。例えば、以下のようなトラブルがあります。

【害獣駆除によるトラブル】
害獣の多くは法律によって保護されているため、勝手に捕獲したり殺したりする事はできません。そのため、基本的には追い出したり近寄ったりしないように対策する事になります。例えば大きな音を発生させる、壁や天井を叩いて追い出す、忌避剤の臭いで遠ざけるといった方法があります。しかし強烈な音や振動は周囲の部屋にも広がりますし、忌避剤の臭いは風に乗って隣の部屋にまで漂うかも知れません。そうしますと人間同士のトラブルに発展してしまいます。

【害獣がもたらすトラブル】
害獣も動物ですので、鳴き声を発する事もあれば、糞尿を排泄します。その音や臭いは別の部屋にも広がってしまう事があります。その被害の当事者なら害獣によるものと知っていますが、周囲の人はそうとは限りません。「あの部屋ではペットを飼っているのではないか」「野生の動物に餌をやっているのではないか」そのように誤解される事があるのです。そうなりますと、知らず知らずのうちに加害者と認識されてしまう恐れがあります。

このように、集合住宅では害獣被害が人間同士のトラブルになるケースが多いのです。そのような事を避けるために、害獣駆除は正しい方法で速やかに済ませる必要があります。集合住宅の入居者の方は、オーナーや管理会社にご相談を。管理者側は、速やかに対策を講じるようにしましょう。入居者同士で連携して害獣に目を光らせるのも大切です。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼