最新情報・レポート

間違えやすい害獣

アライグマ、イタチ、ハクビシンといった野生動物は、人や住宅に害をなすことから害獣として扱われています。農村地帯に限らず、都市部でも害獣による被害は発生していますので、我が家は大丈夫なんて油断はできません。害獣が家に住み着いていなかったとしても、外に出しているゴミを漁られてしまうこともあります。また、外で害獣に出くわして、子どもが触ろうとして噛みつかれてしまうことも。見た目は可愛くて大人しそうでも、刺激してしまえば、鳴き声で威嚇してくることもあるのでご注意ください。また、ハクビシンとイタチは体型が類似していることから、間違えやすい害獣です。ハクビシンは、特徴として顔に模様がありますが、暗闇や一瞬見かけた程度ではイタチと見分けがつきにくいでしょう。害獣にはそれぞれ異なった習性、苦手とする食べ物などがありますので、害獣駆除の際には正体を正確に把握することが重要となります。何度も害獣駆除を行ってきた業者であれば、被害状況や害獣の特徴などから正体を見極めて、適切な駆除や対策を施してくれるでしょう。家の中へと害獣の侵入を許してしまえば、騒音、糞害、食害といった被害も深刻になります。害獣を見かけましたら、お早めに駆除、対策を行いましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼