最新情報・レポート

都心にも発生します

害獣の発生は田舎の木造住宅などに発生するイメージが多いと思いますが、実は都心にも害獣は発生します。最近では都心でもイタチやハクビシンなどが発見される事もあるのです。イタチは公園などの自然のある場所に生息している事がありあますし、ハクビシンは元々誰かに飼われていたものが野生化して繁殖したと思われるものが発見されています。 害獣を放置しておくと、糞尿などの異臭発生や泣き声による騒音だけではなく、建物内のケーブルなどを噛み切られてしまい、停電や漏電などのが起こり建物自体にダメージを与える場合もあります。 もし害獣を発見した場合、自分たちで駆除・撃退をすることはお勧めしません。野生の動物なので噛み付かれてそこから菌が入ってしまったりする場合もあります。 害獣を発見したらすぐに専門の業者さんに連絡して駆除・撃退としてもらう事をお勧めします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼