最新情報・レポート

農作物を害獣から守るために

アライグマやハクビシンの被害が増えていますが、野生鳥獣による農作物への被害額はおよそ200億円、そしてそのうち4割が鳥類、6割が獣類によるものだそうです。獣類の中でもおよそ9割がイノシシ、シカ、サルによる被害となっています。こういった野生動物も、一見可愛いので微笑ましく見てる方もいらっしゃると思います。しかし、この害獣からの被害は非常に莫大な額になっています。農家の方にとっては、一生懸命、大切に育ててきた農作物が食い荒らされてしまう事によって、その分の肥料や耕作にかけた金額、労力を一夜にして奪われてしまうため、死活問題となるのです。では何故こんな被害が多くうまれてしまうのでしょうか。その原因としては、高齢化による猟師の減少、害獣にとっての隠れ場となる耕作放棄地の増加、害獣生息地の拡大などがごあります。これまでにも増加してしまった害獣からの農作物への被害を避けるために、害獣の捕獲を行う方もいらっしゃいますが、狂暴な害獣の捕獲は大変危険となりますので、対策としてフェンスや電気柵を設置するという方法があります。このフェンスなどには、イノシシ対策用、シカ対策用などその地域の害獣にあった形のものがありますので、主に夜間に農作物を荒らす害獣にとっては大きい効果が得られると思われます。大切な作物が荒らされてしまう前に、しっかりと対策を取りましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼