最新情報・レポート

見た目は似ていても

我々の生活に様々な被害を及ぼす害獣と呼ばれる動物たちの中には、見た目が非常に似たものが存在します。例を上げるとアライグマとハクビシンは外見が良くている為、パッと見ただけだは判断出来ない場合もあります。しかし、見た目がいくら似ていても違う種類の動物なので、生態や特徴は異なり害獣駆除や捕獲を行なう時の方法も違ってくるので、害獣の種類を特定できずに間違った方法で害獣駆除を行ってしまうと。駆除に失敗したり、被害が大きくなってしまう可能性があるのです。なので、害獣の駆除を行う前にはしっかりとした事前調査が必要になり、調査を行い害獣の種類を特定するには専門的な知識が必要になる場合もあります。 なので、家に潜んでいる害獣の種類がわかないという時には、まず害獣の事を知り尽くしたプロの業者に調査を依頼するのがお勧めです。 当サイトでも「害獣駆除110番」豊かな知識を持ったスタッフを紹介する事ができるので、害獣の被害にお困りの際はお気軽にご連絡下さい。 また、野生動物というのは一度追い払っても、帰巣本能が働き再び同じ場所に戻ってくる可能性もあるので、一度追い払ったからといって油断は禁物です。害獣を追い払った隙に侵入口を特定し塞ぐといった再発を防止するための対策を行なうことも重要です。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼