最新情報・レポート

発達した臭腺

「臭腺」というのは、テリトリー確保や威嚇、恐怖心から動物の体内から排出される分泌液です。 スカンクは臭いにおいを出すことで知られていますが、そのにおいこそ臭腺から出された ものなのです。 哺乳類で臭腺を持ち合わせている動物の代表格は、スカンク以外にもイタチ、ハクビシンがあげられますが、 イタチやハクビシン被害に遭われている方以外の認知度は低いように感じます。 ペットとして飼われているフェレットも臭腺を持ち合わせているのですが、ペットショップで 販売されているものは基本的に除去手術が施されていますのでご安心ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼