最新情報・レポート

無闇に害獣を傷つけないことも大切です

害獣と言えば、私たちに何かしらの被害を与える動物を指しますので、慌てて駆除しようと行動に出るかもしれません。
しかし、注意しなければ思ってもいない落とし穴にハマることもあります。
例えば、被害を受けている人にとっては害獣でも、別の場所では益獣として活躍しているものも存在するのです。
そういった動物については、法律で守られていますので、捕獲や殺傷処分を行うことができません。誤った対処をしてしまうと、良かれと思ったことが罪になることだってあるのです。

しかし、どの害獣保護されているのか全て把握するのはかなり大変でしょう。また、被害を及ぼしている害獣の特定も安易ではありません。
このようなことを考えると害獣についての対策や調査は害獣駆除のプロに任せたほうが無難と言えるでしょう。
害獣駆除のプロにまかせておけば、捕獲の可否を判断することができますし、万が一誤った方法をとっても、自分が罰せられることはありません。
害獣駆除には思わぬ落とし穴が潜んでいますので、そういったものから身を守るための対策も考えておきたいものです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼