最新情報・レポート

柵を設けて侵入対策

害獣駆除と言いますと、害獣の捕獲や追い出しなどを想像されるかもしれません。実際に、害獣駆除ではそのような方法を採用する事が多いですが、侵入防止も重要です。そうすることで、そもそもの害獣被害を防いだり、追い出した害獣が戻ってきたりといった被害を防ぐ事ができます。侵入防止には、餌となるものを片付けたり、忌避剤を撒いたりといった対策もありますが、物理的に侵入を防ぐ柵も効果的です。柵と言っても様々ですが、ここでは代表的な二つの柵についてご紹介いたします。

・ネット柵
その名の通り、ネットを張り巡らせることで害獣の侵入を防止する柵です。金属の柵と比べれば軽量かつ安価で、設置も容易に行うことができます。そのため畑など広範囲の設置にも向いています。目が細かいものや線径が太いものは頑丈ですが、その反面重量が増すことで設置が難しくなったり、高額になってしまう事があります。設置の際は、費用や扱いやすさなどのバランスを考慮しなければいけません。また、害獣に飛び越えられたり、食い破られたりしないように設置することも重要です。

・電気柵
電線から軽い電気ショックを流すことで害獣を驚かせ、侵入を防ぐ柵です。あくまで驚かせるのが目的ですので、怪我を負わせることは滅多にありません。設置が簡単で、よじ登られたりしないため、害獣のサイズにかかわらず効果が期待できます。ただし効果を維持するためには、周辺の草刈りや落ち葉の除去などが必要になり、維持管理には他の柵より手間がかかってしまうという欠点もあります。

このような柵を設けておけば、害獣の侵入を拒むことが期待できます。このような柵をご検討されるのでしたら、設置する前に害獣駆除業者にご相談されるのもよろしいでしょう。業者によっては代わりに施工してもらえるかもしれませんし、より良い侵入対策を考えてくれるかもしれません。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼