最新情報・レポート

日本中で生息しているアライグマ

害獣は私たちの生活に大きな被害をもたらす存在で、数多くいる害獣の中で日本全国で目撃されているのが特定外来種生物に指定されているアライグマになります。アライグマはもともと中米に生息している生き物で、日本ではペットとして飼われていたものが野生と化し、被害の数が増加したと言われています。そんなアライグマは雑食性なので、作物をはじめ小動物まで食べてしまいます。ですから、農作物や畜産飼料を食べてしまう農業被害、野生生物に影響を及ぼす生態系への被害、私たち人間の生活環境に影響を及ぼす生活環境被害など、様々なところで被害を起こしています。また、アライグマの特徴としてタヌキやキツネと異なり、指が長く器用で物を掴んだりすることが得意な生物ということです。その特徴を活かして畑の農作物を取って食べたりミカンなどの果実も器用に皮を剥いて食べたりできるのも、至るところで被害が起きている理由の一つとして挙げられます。ですが被害がアライグマの仕業だと簡単に特定できることもあります。害獣による被害の特定は難しいとされていますが、アライグマは足跡に特徴があるため、他のハクビシンやイノシシに比べて特定しやすい生物なのです。もし近所などでアライグマの足跡を見かけることがあった場合には注意が必要です。その場合は、速やかに害獣駆除に対応した業者に連絡しましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼