最新情報・レポート

市街地に出没する害獣

先日、金沢県の観光名所である「兼六園」の近くの神社で熊の目撃情報があり、 兼六園から約800メートルの範囲内で警察が捜索にあたりました。 一部立ち入り禁止区域になったり、住宅街が近辺にあることからも厳重体制が しかれたようです。暖かい日が続き、森林で食料を十分に確保できないためか、 冬篭りに向けて餌の確保のために人間の生活圏に侵入しやすい時期です。 野生動物であるアライグマ・イタチ・ハクビシンは、既に人間の生活圏で 生育域を拡大し続けています。もしも遭遇したら絶対に近づかないようにして、 自宅周辺であれば被害を未然に防ぐためにも早期に駆除を行いましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼