最新情報・レポート

屋根裏の足音の正体

害獣被害のなかでハクビシンによる被害報告が多く寄せられています。ある日屋根裏でなにか動物の走り回る音がしても、小さなネズミかなにかだろうとそのまま放置される方が多いようです。しかし、月日がながれるとその足音も次第に大きくなり、気になって調べてみるとハクビシンの仕業だと認識するのです。ハクビシンは成獣で体長約50センチ、しっぽまでいれると90センチにもなります。大きさはタヌキと同じくらいです。目の下や耳に白い斑点があり、鼻の白いラインがおでこから鼻の先まで通っているのが特徴です。基本的に木の上に巣を作り生活をしていますが、巣を複数持っているのでねぐらをあちこち転々とします。国内で生息が確認されているハクビシンは主に神社・仏閣・民家の屋根裏などに巣を作り、ほとんどの場合はメスのハクビシンが建物の中にいます。オスは野外で寝ることもありますが、冬などの寒い時期には屋根裏を拠点に生活します。屋根裏はハクビシンにとって、生活拠点としてふさわしい場所なのです。だからといって、屋根裏のハクビシンを放置しておいてはいけません。なぜなら糞尿を大量に排泄し、家屋に深刻なダメージを与えるからです。そればかりでなく、ハクビシンは悪質な細菌や病気を持っていることもあります。このような被害を未然に防ぐ意味でも、屋根裏で何かが走り回る音が聞こえたら、一度害獣駆除業者にご相談されることをお勧めいたします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼