最新情報・レポート

屋根裏に住み着いた害獣への対処方法

住宅の屋根裏というのは、ハクビシンやアライグマにとって絶好の場所だと言われています。住宅の屋根裏には、他の生物が入ってきにくいいので、子育てをするのにも適しており、また人家に近いということは、エサとなるものがたくさん身の回りで集められるというのも、アライグマやハクビシンにとって好都合です。 ただし、それらに住み着かれてしまった方はたまったものではありません。アライグマやハクビシンは天井に住み着くと、糞尿もそこでするようになるため、放置していると天井板などにシミ、更には悪臭が漂ってくることも考えられます。これらは大変不快です。 しかし、どちらの害獣も人間より遥かに小さく、更にすばしっこいので捕まえるのは大変困難です、 また、これらの動物は人獣共通感染症といって、人間に伝染する病気のウイルスなどを保有していることも考えられます。 迂闊に手を出せばそれらに感染することも考えられるので、万が一の事を考えれば、駆除の際は害獣駆除のプロに依頼するのがおすすめです。 当サイトではハクビシンなど屋根裏の害獣へ対してのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼