最新情報・レポート

家の周りをよく観察してみよう

日本に住んでいる害獣の主な被害は、畑を荒らされる事と家の中に住み着いてしまう事です。害獣の被害に遭われた方は突然害獣がやってきたと思う方がいるかもしれませんが、事前に目印が残されている場合もあります。基本的に野生動物は警戒心が強いので、その場所が安全か何度か確認する習性がありますので、畑や家に被害が出る前に周囲の様子を伺っている可能性もあります。その段階で害獣の存在に気づくことが出来れば被害を最小限に抑えることが出来ますし、場合によっては無傷で済む事があるかもしれません。では、どうやって害獣の存在に気づけばいいのでしょうか。その為には、まず家の周りをよく観察してみましょう。家の周りを観察した時に、動物の毛が落ちていたり、見慣れない糞が落ちていたりした場合、家の近くを害獣が通りかかったと考える事ができます。もしかすると、たまたま通り過ぎだけの可能性があり、絶対に畑や家が狙われているという事はありませんが、もしもの時に備えておくということが大切ですので、一度きちんと調査してもらうのがおすすめです。異常がなければ安心することが出来ますし、家が狙われていれば事前に対策することが出来ます。どちらの結果でも損はしないと思いますよ。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼