最新情報・レポート

害獣駆除は許可が必要な場合があります

自宅の食料や農作物、そのほか糞尿による悪臭などにより私達に害を与える動物 を害獣と呼びますが、駆除を行うには行政の許可を取る必要があります。 これは、鳥獣保護法に定められた保護動物に定められているからで、たとえ害を 与える動物だとしても、無闇に狩猟を行う事ができないことになっています。 元々は、人間が野生のシカや鳥類を乱獲し、個体数が激減したり、あるいは絶滅 してしまったことを反省し、定められた法律ですが、私たちの生活様式の変遷や 住環境の変化で、今度は数が増えすぎて、人間に害を与えてしまうようになりま した。 近年では、保護から管理という、個体数を調整しつつ、種としての数は維持しよ うという試みや、法令の改正も検討されているとの事です。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼