最新情報・レポート

害獣駆除では臭いトラブルにもご注意を

悪臭を放つ害獣の駆除は、早めに済ませておくことをおすすめいたします。
人間やペットなどと違い、いたるところに糞を排泄し、時には死骸となって腐臭を放つ害獣は厄介な存在です。また、害獣を追い払うために忌避剤を撒くという方法もありますが、逆にそれが臭いトラブルを引き起こすこともあるのです。
害獣駆除を行う上で、臭いの問題は避けて通れないことがあります。臭いは目に見えず、人によって感じ方も異なるため、そのトラブルの発生には警戒しなければならないのです。


臭いトラブル

害獣が放つ臭いの原因


臭いは日常生活に支障をきたす大変な問題です。害獣駆除を依頼するきっかけが、臭いの場合もあるほどです。
害獣が放つ臭いの原因は様々です。
まずは、害獣による糞です。屋根裏など身近に住み着くとどうしても気になってしまいます。
害獣は様々な種類がありますが、イタチなど種類によっては糞の強烈な悪臭が特徴の害獣もいるのでさらに悩まされることになります。
あとは、死骸が臭っているという場合もあります。
腐敗が進めば臭うのはもちろんですが、中には死骸が内壁と外壁の間など、思わぬところにある場合があるので、原因がつきとめにくいこともあるようです。


忌避剤による臭いトラブル


害獣駆除をする前になんとかしようと、忌避剤を利用するという手もあります。
忌避剤には害獣にとって嫌な臭いを含んでいるので、害獣を近づけにくくするという効果があります。
しかし、この忌避剤がさらなるトラブルを生むことがあります。
種類によっては人間にとっても臭いと感じる忌避剤もあるので、これ自体が臭いトラブルになることがあります。
また毒性が強い忌避剤だと、対象害獣が死に至ることがあります。
そうなると、その死骸が臭いの原因になり、なかなかトラブルから抜け出せなくなるかもしれません。

害獣の消臭は業者に任せよう


害獣の臭いトラブルの原因になる糞や死骸。これらの臭いのもとをまずは片付けなければ、解決しません。
しかし、どなたでもこういったものを処理するには腰が引けてしまうと思います。
そんな時は、害獣駆除のプロにおまかせ下さい。
小さなお子様がいる家庭などに対し薬物に配慮したプロならではの駆除だけでなく、臭い汚れにも対応してくれます。消臭と除菌は、その後の生活を快適なものにするにあたって重要な作業になるのでお願いしてみましょう。


まとめ


SAYA072155409_TP_V
害獣による臭いトラブルは厄介です。糞や死骸など扱いにくいものが原因になっているので、なかなか自己解決は難しいでしょう。
また忌避剤を使うという手を誤れば、さらにトラブルを拡大してしまう可能性があることがわかりました。プロは豊富な経験を活かして薬剤を選んでくれるので、その点安心できそうです。
臭いトラブルはなかなか負の連鎖から抜け出せません。早く解決してしまうためにも、害獣駆除のプロにまかせるのが望ましいです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼