最新情報・レポート

害獣被害の中で一番の恐怖

一見可愛くて、愛らしいイタチやアライグマ。この動物は、生活に危険をもたらす害獣としても認識されています。雨や風がしのげる屋根裏などに住み着き、畑などの食物を荒らしたりと私達に害を与えます。元々、農家やお寺で繁殖を繰り返していたのですが、最近では一般住宅にも住み着くようになってしまいました。被害としては先ほども述べた様に、食物を荒らしたり、家庭の屋根裏に住み着き繁殖したりするのですがこういった害獣は、一度住処を決めると中々動きません。ですので糞や尿をする場所も屋根裏になる訳です。するといずれはその汚物が凄まじい量になり悪臭を放ち始め、それとともに菌も飛び交います。何といっても野生生物なので、どんな菌を持っているか分かりません。感染症を保持している可能性もあります。また、同じ場所で繁殖するため汚物の量や菌も比例してどんどん増えていってしまうのですので、決して自らの手で駆除や退治を行う事はおすすめ出来ません。とても狂暴なので、引っ掻いたり噛みついたりする事もあり得ます。傷口から得体の知れない菌が入ってしまう可能性もあるのでこういった害獣の駆除は出来るだけ自分の手では触れず、業者に駆除してもらう事をおすすめします。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼