最新情報・レポート

害獣本来の住処

元々野生動物として生活していた害虫はどういったところで暮らしているのかご存知でしょうか?実は、山の中や森の中にある洞窟や洞穴などで生活していることが多かったのです。理由は、

1.雨風をしのげる
2.壁に囲まれているので外敵に見つかりにくい
3.寒さをしのげる

などが主だったものだとされています。屋根裏への侵入が問題となっていますが、上記のような環境は、屋根裏にも当てはまっているとは思わないでしょうか?

逆にこのような環境になっていなければ家の中に侵入されないかもしれませんが、屋根裏の環境改善はすぐに行えることではないでしょう。そのため有効な対策は、やはり害獣を近づけない、侵入させないことになります。
ハクビシンなどの害獣が近くに現れた時には新しい住処を探している可能性がないとも限りませんので、早めに対策へ移したほうがいいでしょう。
具体的な対策方法については、独学ではなく害獣駆除のプロの知恵も借りたほうがより効果の高い対策になることもあります。
自分だけの力では不安があるという方はいつでもご相談ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼