最新情報・レポート

害獣を可愛がってはいけません

アライグマには可愛いというイメージがあります。確かに見た目が可愛いですし、ペットとして飼われていた実績もあるので多くの人が可愛がってしまうような外見と言えるでしょう。ハクビシンもイタチも見た目は可愛い動物です。そのためについ餌をあげてしまうという方もいらっしゃるかと思います。しかし、そのような対応が他人の迷惑になっていることもありますので止めるようにしましょう。野生動物に餌を与えてしまえば、当然また餌を求めにやってきてしまいます。餌を与えることで皆さまの近くの家に害獣として住み着いてしまうかもしれませんし、そもそも皆さまのところに住み着いてしまうかもしれません。そこから害獣駆除を依頼されるのも良いのですが、そもそも餌を与えなければ害獣駆除を依頼するようなことにもならなかったでしょう。アライグマやハクビシンなどの害獣は見た目が可愛くてもほとんど人に気を許すことはありません。餌を与えている方の自己満足に近い部分がありますので、害獣を可愛がることは止めましょう。餌を与えて迷惑をするのは皆さまだけではなく、害獣が住み着く可能性のある近所の方も同じです。そこが餌場だと思われて、近くに住み着かれないようにするにはまず害獣を可愛がって餌を与えることだけはやってはいけません。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼