最新情報・レポート

害獣の種類について

テレビのニュースやネットなどでも、害獣の被害状況について目を通す機会はあるかと思います。しかし、一口に「害獣」といっても、どんな種類がいるのか、そもそも基本的なことを理解していなければ、害獣駆除や対策を行うこともできませんよね。そのため、今回は害獣の種類についてまとめさせて頂きました。

【害獣の種類】
・ねずみ
・イタチ ・テン
・アライグマ
・ハクビシン
・シカ
・イノシシ
・ハト
・カラス
・コウモリ

ざっと一例をまとめただけでも、このような動物が害獣として被害を与える可能性があります。鳥獣保護法によって守られている種類も多いため、個人で容易に対策を行うことは難しいと言えるでしょう。

【ネコは害獣?】
時には、ネコも害獣として見られる場合があります。ゴミを荒らされたり、お庭に糞や尿をされたりすると実質的な被害もあるとは言えるでしょう。しかし、基本的には、ネコは害獣に含まれない種類です。そのため、あまり撃退や駆除という対策は行わないようにしましょう。被害に悩まされていた場合は、ゴミの置き場所を移動させ、ネコが寄り付かない環境を作られるのが良いかと思います。また、近隣でエサを与えている人がおり、そのせいでネコの被害に遭ってしまっている方は、理由を説明した上で控えるように相談してみましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼