最新情報・レポート

害獣の生息地について

害獣と呼ばれる中で、私達が特に身近に被害をうけることが知られているのは「アライグマ」「イタチ」「ハクビシン」の3種が多いようです。 今回は、これらの害獣がどんなところに生息しているのか見てみたいと思います。 ◇アライグマの生息地 アライグマは元々北米原産の動物で、毛皮生産のために輸入されたものが野生化しました。また、アライグマを主人公としたアニメのブームにより、多くのアライグマがペットとして導入されましたが、無責任な飼い主が山林に勝手にアライグマを捨てていったことが、日本全国でのアライグマの増加に拍車をかけました。 現在日本では、北海道を中心として、関東から九州まで広く分布しています。元々寒冷な気候に適応していた動物ですが、日本で繁殖するうちに、亜熱帯の日本に適応して勢力を広げています。 ◇イタチの生息地 イタチは日本に5種ほど居て、代表的なものはチョウセンイタチ(シベリアイタチ)とニホンイタチです。 チョウセンイタチは、中国大陸から毛皮用として輸入したものが脱走、繁殖したものです。現在の分布では西日本の都市部に多く生息しています。 一方、ニホンイタチは日本全国の山間部に多く生息。東日本では、チョウセンイタチの数が少ないので都市部にも進出しているようです。 ◇ハクビシンの生息地 ハクビシンは、元々日本に分布しているのか、それとも海外から持ち込まれたものが増えたのか良く分からない動物です。生息域も正確なデータが無いものの、最近は全国的に見られます。主に山林の近くや集落周辺に出没しますが、東京都内など都市部での目撃情報も多数あるため、人間の住む環境にも素早く適応できるようです。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼