最新情報・レポート

害獣に対峙する危険性

害獣駆除は、決して簡単に行えるものでは無いという事を覚えておくようにしてください。害獣にはアライグマやハクビシンといった、人間よりも小型の動物も多く該当しています。しかし体の大きさに関わらず、実際に対峙して駆除しようとするのは避けてください。それが鳥獣保護法に抵触しない方法だったとしてもです。というのも、害獣に立ち向かうのは大きな危険を伴うためです。
まず、直接的な被害を受けることがあります。たとえ全長数十cm程度の害獣だったとしても、動物には鋭い爪や牙が備わっています。力も強く、襲われれば大怪我を負ってしまう恐れがあります。重症を負わなかったとしても、用心しなければいけません。その傷口から病原菌を移されてしまう事もあります。野生動物は決して衛生的ではありませんので、その体にはダニやノミだけでなく、多種多様な病原菌を保有しているのです。
このような被害は、人間だけでなくペットにも降りかかる恐れがあります。中にはイタチのように、自分より体の大きい相手にも襲い掛かる獰猛な害獣もいますので、害獣を発見したとしても決して近付かないようにしてください。そして、大至急害獣駆除業者にご相談ください。安心できる生活を取り戻すために、プロの力を借りるようにしましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼