最新情報・レポート

害獣に噛みつかれたら

害獣といえば人の生活に色々な被害を与えるものですが、中には、イタチやアライグマのように、初めて目にする人には「かわいい」と思われる種類もいます。
しかし要注意!みだりに「触ってみよう」と考えるととても危険です。見た目はかわいらしくても彼らは獣。みな鋭い牙や爪をもっていて、不用意に近づいた人に怪我を負わせることがあります。
害獣の爪は鋭く、咬合力(噛む力)もとても強いので、怪我をした場合には思った以上に深い傷になっていることがあります。また、爪や口の中には様々な細菌が繁殖しているので、噛まれた部分の腫れや、破傷風などの感染症にかかる恐れもあります。
万が一害獣に噛まれた時には

・水などで傷口をきれいに洗い流す
・消毒液で消毒をする
・綺麗なガーゼなどで傷口を覆う
・必ず病院で受診する

これらの対処が必要ですが、一番いいのはもちろん害獣に怪我を負わされないこと。もし、アライグマやハクビシンのような、見た目のかわいい動物を見つけても、決して不用意に近づかずに「害虫駆除110番」までご相談下さい。ひょっとしたら、近くの軒下や屋根裏に巣を作って住み着いていることもあります。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼