最新情報・レポート

害獣による様々な被害

害獣には様々な種類がありますが、住宅に被害をもたらすアライグマ、イタチ、ハクビシンなどには特に注意が必要です。この三匹はどれも住居の隙間などから屋根裏や天井裏や倉庫などに住み着き、巣の周辺で糞尿を撒き散らします。天井裏は断熱材が敷いてあるので害獣にはもってこいの巣になるのです。害獣が糞尿をすることによりその悪臭はすさまじく、臭いだけで侵入されたのを気づけるほどです。そして臭いだけではなく、糞尿によって木材部分が腐食してしまい、住宅の耐震性などを低下させてしまったり、腐食した木はシロアリのご馳走なのでシロアリまでもを呼び寄せてしまいます。そうなればリフォームしなければいけないので大変です。更には、害獣の糞尿には様々な病原菌などがいる事もあり、体にもノミやダニなどがいる事が多いです。特にアライグマは狂犬病などの人獣共通症を持っている事もあるそうなので痛位が必要です。これらを考えれば分かるとは思いますが、間違っても自分で駆除しようなんて思わないでください。ちょっと引っ掻かれただけで取り返しの付かない事になりかねないのです。業者に依頼すればその辺の心配はないですし、しっかりと駆除してもらえて対策までしてもらう事が出来るので助かります。最悪の場合はリフォームになるので、害獣の侵入に気づいたらすぐに業者に依頼しましょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼