最新情報・レポート

害獣が発生してしまう原因

私たち人間の生活を脅かすこともある害獣。害獣の被害には、害獣がそのものが人間やその持ち物を傷つけるという被害や、ノミやダニなどを発生させ、間接的に被害をもたらす場合とありますが、いずれにしても害獣と人間は極めて共存が難しい関係になっています。 近年特に頻繁に聞かれるようになった害獣被害ですが、どうしてここまで害獣の被害が増えてしまうのでしょうか? 原因の一つには人間の存在があります。本来、野生動物と人間の暮らす地域はある程度離れていることが望ましいとされています。 人間の住んでいる環境が動物たちにとって暮らしやすいかと言われれば決してそうではないということは、誰にでも容易に想像が付くでしょう。 本来野生動物は自然の中で、自然が作ったものを食べて暮らしているのが望ましい姿です。 しかし人口の増加などもあり、年々害獣と人間の暮らす場所が近くなりつつあります。 人間が野生動物のいる環境に住処を作ってしまっているということも原因ですが、不法投棄などで、害獣が人間の食べ物の味や匂いを覚えてしまったことや、あるいは、人間が放った外来種が自然の生態系を壊してしまったということが原因となる場合もあります。 もともと山奥などに家を構えている人であれば、野生動物達と上手に暮らす術を持っていますが、そうでない人が野生動物と暮らしていくのは至難の業ですし、そういった意味で、本来害獣とされていなかった動物が、近年になり害獣となっているのかもしれません。上記以外にも害獣が発生してしまう要因はありますが、害獣が発生しないよう、ゴミは収集日を守って出すこと、不法投棄をしないこと、ペットは責任をもって飼うこと(アライグマにならって害獣を解き放たないこと)、こうしたことが害獣の被害を減らすことに繋がるのではないでしょうか? 万一害獣の被害に悩まれている場合は、まず害獣駆除110番にご相談ください。害獣のお悩みを少しでも早く解決出来るかもしれません。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼