最新情報・レポート

害獣が住み着いても大丈夫と思っているあなたへ

害獣が屋根の裏などに住み着くと、夜に走り回るなどしてぐっすり眠ることが出来ないという被害があるばかりではなく、家の建材を劣化させてしまうので注意が必要です。屋根裏に住み着いた害獣の糞尿が蓄積すると、天井にシミをつくることがあります。不衛生なのはもちろん、長期間にわたって放置をすると、屋根の木材を腐食させ家の強度を下げてしまうのです。最悪の場合、天井が抜けてしまうことすらあるのです。害獣はダニやノミなど、人に健康被害を引き起こすものを媒介するので注意が必要です。病原体やウイルスの宿主となっている害獣も多くなっておりますので、大切な家族に重大な健康被害が出る前に、害獣駆除を業者に依頼をするのが良いでしょう。日本で屋根裏に住み着く害獣の中に、ハクビシンがいます。ハクビシンは大人の拳ほどの隙間があれば、家の中に侵入できると言われています。そのため通風口や築年数が経ってできた隙間から家の中に入り込み、住み着いてしまいます。壁に使われている断熱材をボロボロにして巣を作ったり、通路にしていた例もあります。このような害獣を駆除するグッズはホームセンターで購入することができます。様々な粘着シートや忌避材が販売されておりますが、害獣の生態を知っていないと、有効に設置できないことが多くなっています。駆除とともに進入路を塞ぐなど手間がかかるので、慣れない方がご自身で駆除を試みるよりも、害獣駆除は経験豊富な業者に任せるのが結果的に賢い選択と言えるでしょう。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼