最新情報・レポート

害獣がもたらす被害とは

アライグマやハクビシン、ネズミなどの害獣が屋根裏に住み着いてしまったら…。実に迷惑な話ではないでしょうか。臭いや夜中の騒音に悩まされるだけではありません。害獣たちを放置すると、住宅に深刻な被害をもたらすおそれがあります。まず、屋根裏に住み着いた害獣が撒き散らした排泄物。天井に浮かび上がってくるシミは、この排泄物が原因です。これらは不衛生なだけでなく、長期間にわたって排泄物が溜まっていくことにより、屋根裏の建材が腐敗してしまうため住宅の強度を低下させてしまうことがあります。また、害獣は実に数多くのウイルスや寄生虫を運んできますので、その住宅で暮らす人の健康状態にも悪影響を及ぼしかねません。さらに害獣の死骸が屋根裏に放置されるようなことがあれば、腐敗した死骸にカビやダニが繁殖してしまうこともあり、こちらも非常に危険な状態と言えるでしょう。害獣が侵入しているかも知れない、と気配を感じたときには既に住宅に何かしらの被害があるということが多いですから、様子を見ようなどと悠長に構えず、すみやかに害獣駆除を業者に依頼するなど、対策を検討することをおすすめします。害獣を見つけたら放っておかないことが何よりも重要と言えるのではないでしょうか。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼