最新情報・レポート

夏場に害獣被害が減る理由

イタチやハクビシンなどによる民家の害獣被害は夏になる と一時的に減少傾向になります。 イタチやハクビシンは、民家の屋根裏や壁の隙間など、周 囲を囲まれた空間に巣を作るのですが夏場はそれらの場所 の気温が高くなるので、一時的にそれ以外の涼しい場所に 避難をしているようです。 その為、今までイタチなどの被害に悩んでいて、夏場は収 まったという場合でも油断は禁物です。涼しくなってくる とまた同じように屋根裏などに侵入して被害を及ぼします。 それを防ぐためにも、夏場に害獣対策を依頼する事をご検 討されてみてはいかがでしょうか。 もしご不明な事、ご不安な事があれば当社の24時間受付対応の 相談窓口までお電話ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼