最新情報・レポート

可愛くて危険なアライグマ

皆様は、アライグマを見たことはあるでしょうか。狸に似た外見で、縞々の尻尾が可愛い生き物で、かつてはペットとしても人気の高かった動物です。元々は北アメリカ原産の外来種ですが、そうしたニーズも手伝い続々と日本に輸入されました。しかしそれが災いし、今日の害獣被害の一端を担っているのをご存知でしょうか。
日本に天敵のいないアライグマは、着々とその生息範囲を広げていきました。かつてペットとして飼われていたものも、飼い主が逃がしたり、脱走して野に放たれることも頻繁に起こりました。そのうえ繁殖力も高いので、ついには日本の生態系に影響を与えるほどにまでなりました。そうなると当然、人間にもその被害が及ぶようになります。農家では農作物が食い荒らされ、住宅に住み着かれると糞尿によって臭いやノミ・ダニの発生にもつながります。とはいえ、素人には簡単には手が出せない動物でもあります。アライグマはその外見とは裏腹に気性が荒く、接近すれば怪我を負う恐れがあります。そのため、確実に駆除するためには業者の力を借りるのが一番でしょう。一度住み着かれたということは、その家が心地いいと思ったからに他なりません。再びの侵入を防がなければ、何度も被害に遭ってしまうのです。
人の都合によってやって来て、害獣と認定されたアライグマ。そんなアライグマ被害の原因は私たちにもあります。しかし共存ができない以上は駆除をするほかないのもまた事実です。もしもアライグマを見つけた際は、手を出さず、こちらのサイトからご相談ください。

0120-949-085
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
他社との比較

害獣の駆除を行った後、害獣が作った汚れは対応してもらえますか

はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …

回答の詳細はこちら

駆除した後も被害が合った場合どのように対応すればいいですか

配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …

回答の詳細はこちら

駆除した後にどのようなことに気をつけたらいいですか?

害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …

回答の詳細はこちら

Check
  • 害獣110番とは
  • 運営企業について
  • 他社との比較
  • 0120-949-085
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼